SHIBUYA d&RADIO

長くつづく食文化を考える

<7月28日 放送>

D&DEPARTMENTつづくをたべる部ディレクター相馬夕輝と櫻井焙茶研究所の櫻井真也さんのツインパーソナリティでお送りする1時間。

毎回ゲストをお迎えし、47都道府県それぞれにある「その土地らしさ」を紐解きながら、長くつづく食文化を考えていきます。

 

7月のゲストは阪東食品の阪東高英さん。

徳島県上勝町で有機栽培にこだわり、ゆず、すだち、ゆこう等の農作物や昔ながらの製法で作る阿波晩茶を手がけている「阪東食品」

今回は、その中でも阿波晩茶を中心にお話をうかがっていきます。

阿波晩茶は、徳島県上勝町など一部の地域だけで作られている乳酸発酵のお茶です。大きく成長した茶葉を、樽に3週間ほど漬けて発酵させる独特の製法で作られています。

今も、昔ながらの製法を守り、安心して飲める、本当の味を口にしてほしいと手間を惜しまずに阿波晩茶を作り続けている阪東さんによると、発酵過程で使用している木桶の中には、大正時代からのものもあり、上勝ではおよそ100年以上前から阿波晩茶が作られていることがわかっているのだそう。

そんな阿波晩茶の歴史や、味わいの特徴を、上勝町の気候風土や、独特の製法から学んでいきます。

 

生放送のオンエアをどうぞおたのしみに!

 

SHIBUYA d&RADIOは「渋谷のラジオ」の公式アプリがあれば、どなたでもお聴きいただけます。

アプリの詳細、ダウンロードはこちら(リンク)から

これまでのOAも聴ける「SHIBUYA d&RADIO」公式noteはこちら(リンク)から

SHIBUYA d&RADIO

日程
毎月第4火曜日10:00から放送
時間
10:00~10:55
場所
渋谷のラジオ

公式アプリをダウンロードするとスマホやタブレットで全国どこでも渋谷のラジオが聴けます。
アプリのダウンロードはこちら(リンク)から。

「SHIBUYA d&RADIO」公式noteはこちら(リンク)

7月のゲスト:阪東高英さん(阪東食品)
・1968年徳島県上勝町に生まれる。51歳 O型
・東洋大学工学部入学
・四国リコー(現:リコージャパン)株式会社入社
・輸入車ディーラーへ転職 フォルクスワーゲン徳島中央
・40歳を手前に家業を継ぐ
・現在に至る
阪東食品 HP:bando-farm.com
阪東食品
阪東食品の沿革
・1965年頃 本格的にすだち、ゆず、ゆこうを栽培(面積18405㎡)
・1980年頃 冷蔵すだち(果実)の販売を始める
・1988年 阪東食品 として事業開始
・2003年 有機栽培・有機加工食品の認証
     (すだち・ゆず・ゆこう・阿波晩茶)
・2006年 有機ドリンク販売開始
・2007年 有機ぽんず販売開始
・2011年 ぷるるんじゅれ販売開始
・2012年 輸出開始
・2013年 有機(すだち・ゆず・ゆこう)果汁、有機阿波晩茶、
     EU向け有機同等性証明取得、ゆずそると販売開始   
・2014年 ハラル認証取得・EU向け輸出用ゆず果実園地登録
・2015年 スシドレ販売開始
・2016年 飲むジュレ販売開始
・2018年 有機JAS小分け認定取得
     EU向け輸出用すだち・ゆこう果実園地登録
     株式会社阪東食品へと法人化
「SHIBUYA d&RADIO」は2016年4月より「渋谷のラジオ」で始まった、D&DEPARTMENTディレクター相馬夕輝がパーソナリティを務めるラジオ番組です。
渋谷ヒカリエにある、47都道府県をテーマにミュージアム・ストア・食堂を連動させて47つの「その土地らしさ」を渋谷のど真ん中から発信する拠点「d47」での活動を通じて出会った方々をゲストに迎え、さまざまな長くつづくいいものについてお話ししてきました。
2020年5月より、櫻井焙茶研究所の櫻井真也さんがパーソナリティとして参加。
毎回さまざまなゲストをお迎えして、47都道府県の「その土地らしさ」を紐解きながら、長くつづく食文化を考えていきます。
2020年これまでのゲスト
6月:山口真也さん(星野製茶園)
5月:櫻井真也さん(「櫻井焙茶研究所」所長 )
4月:小倉ヒラクさん(発酵デザイナー)/2019年4月の再放送

櫻井真也(櫻井焙茶研究所)

株式会社櫻井焙茶研究所 代表取締役 / 一般社団法人 茶方會 草司

和食料理店「八雲茶寮」、和菓子店「HIGASHIYA」のマネージャーを経て2014年に独立、日本茶の価値観を広げて新しい愉しみ方を提案すべく、東京・南青山に日本茶専門店「櫻井焙茶研究所」を開設。「ロースト」と「ブレンド」を基とし、各地より厳選した日本茶をはじめ、店内でローストした焙じ茶や、国産の自然素材を組み合わせた四季折々のブレンド茶を販売。併設の茶房では、玉露や炒りたての焙じ茶はもちろんのこと、櫻井焙茶研究所ならではのお茶のコースや茶酒などを和菓子とともに愉しめる。一般社団法人 茶方會では、現代における茶の様式を創造し、継承していくための活動として、国内外における呈茶やセミナーを行うほか、メニューの企画・提案、淹れ手の育成などを担う。

櫻井焙茶研究所 www.sakurai-tea.jp

一般社団法人 茶方會 www.saboe.jp

相馬夕輝(D&DEPARTMENT)

D&DEPARTMENT つづくをたべる部ディレクター

「ロングライフデザイン」をテーマに、47都道府県に1か所ずつ、デザインの道の駅「D&DEPARTMENT」をつくりながら、観光ガイドブック『d design travel』刊行の他、ミュージアム・ストア・食堂を連動させた「d47」を渋谷ヒカリエに展開するなど、物販・飲食・出版・観光を通して、47の「個性」と「息の長い、その土地らしいデザイン」を見直し、発掘、紹介する活動を行う。担当する飲食部門では、日本各地を取材し、その土地の食材や食文化を活かしたメニュー開発や、イベント企画などを手がける。