特集を見る
D&DEPARTMENTのオリジナルウエア_1
年齢や性別を問わず、流行に左右されず、長く着られる服が欲しい。動きやすく丈夫なワークウェアを追求するD&DEPARTMENTのオリジナルウェアは、着続けるほどに、経年変化も楽しめる。ショップで、オフィスで、キッチンで、リビングで、働く人のための服をつくりました。
2021 SPRING SUMMER
NEW ARRIVAL

  • d 001C SHOP COAT


  • d 101E SINGLE JACKET


  • d 202 BACK POCKET SHIRT


  • d 406 LONG SLEEVE T SHIRT


  • d 301E WIDE PANTS


  • d 302 CARGO PANTS

  • d 208 LONG SHIRT

  • d 206E STAND SHIRT

  • d 207E SIDE POCKET SHIRT

  • d 303 SHORT PANTS

  • d 302E CARGO PANTS
シャツ

  • d 202 BACK POCKET SHIRT
  • d 205 REGULAR SHIRT
  • d 206 STAND SHIRT
  • d 208 LONG SHIRT
  • d 204 JOURNAL SHIRT
  • d 207 SIDE POCKET SHIRT

d 101 SINGLE JACKET & d 301 WIDE PANTS
快適に過ごせる、着疲れしないセットアップ
ゆったりしたシルエットが特徴のSINGLE JACKETとWIDE PANTS。ジャケットはカジュアルな一枚仕立てで、さらりと気軽に羽織れます。パンツはワイドで動きやすさを考えながらも足元はすっきり見えるバランス感。ゴムと腰紐で調整できるイージー仕様で、着疲れしないセットアップです。
ウールとポリエステルを使用したハイテク生地『ソロテックス』は、全方向に伸びる伸縮性があり、軽くドライな肌触りで、丸めてもシワになりにくい。ジャケット特有の重さやがっちりとした堅苦しさもなく着疲れしません。

d 406 LONG SLEEVE T SHIRT
肌に付かず離れずの快適な着心地

ワイドでゆったりとしたシルエット。一枚で快適で過ごせるよう、柔らかくニットのようなふんわりとした着心地の生地を使用しました。リサイクル繊維を織り交ぜた、太さにムラのあるスラブ糸を、テンションをかけずにゆっくり編み上げることで、細かなデコボコとした表情に仕上がっています。

ブラック(NEW)

ホワイト(NEW)

d 302 CARGO PANTS
仕事道具を詰め込んで使いたいワークパンツ
前から後ろにかけてぐるりと付いた大きなポケットは、どこからでも出し入れしやすく、ちょっとした仕事道具を持ち運びできます。動きやすさを重視したワイドなシルエットですが、サイドに縫い目が無いためカジュアルになりすぎずにスッキリとした印象。タイプライター生地は、サラリとした肌触りで軽く速乾性があります。細い糸を高密度で織ることでしっとりとしたツヤがあり上品に着こなせます。

d 001 SHOP COAT
D&DEPARTMENTスタッフの作業着から着想したコート
デザインのベースとなったのは、戦時中のドクターコートや整備工場のメカニックコート。耐久性があり動きやすい作業着の特徴と、ワークコート特有の無骨さを、ユニセックスで着れるバランスにアップデートしました。日常使いでジャケット代わりとしても合わせやすいコートです。コットンとリネンを織り上げ、染色を施さず仕上げた自然本来の風合いにより、素朴な質感ながらクリーンな印象を与え、暖かい季節に映える春らしいカラーのコートです。

ウール生地
¥29,000

ウールネイビー

ウールグレー

ウールブルー

d 002 MODS COAT

50年代の軍用スノーオーバーコートをベースにした、軽やかなモッズコート。高密度に織り込んだナイロン生地の撥水性により、少しの雨なら弾いてくれます。コーティングを施さないことにより、柔らかな生地感と優れた透湿性があるため体に馴染み快適な着心地です。
d 002 MODS COAT
¥34,000

オレンジ

カーキ

d 003 TRAVEL COAT
全国を旅してまわる編集部が一番欲しいトラベルコート

d 501 CREW NECK WOOL SWEATER
圧倒的な手触りの良さがあるニット

ウルグアイの羊の毛からつくる、軽くて、暖か、チクチクしない感触。ワークウェアのようなイメージに合わせて、裾・袖口・襟にはしっかりしたリブを入れました。シンプルなデザインですが、肩を大きく落とし、幅広のシルエットにしているため、着たときに体とニットの間に適度なゆとりが生まれ、カジュアルな雰囲気を楽しめます。

ブラック

グレー