京扇堂の扇子

1832年創業の扇子専門店「京扇堂」は、京都の古い扇屋が名乗る「阿弥」の称号を旧名に持ち、製造から販売まで一貫して行なっています。

2回目の開催となる今回は、扇子を販売するほか、日本文化の中で様々な用途を持つ扇子の歴史についてもご紹介します。

 

夏の風物詩である「うちわ」は、紀元前の中国が発祥で、もともとは大きな植物の葉や、動物の羽根が起源とされています。

対して、折り畳みのできる「扇」は、平安時代の京都で生まれました。最も古い扇は「檜扇(ひおうぎ)」といい、当時は貴重品だった、紙の代わりに使用されていた木の札を綴じ合せたものが起源とされています。それ以降は、骨や扇部分に装飾が施され、貴族や僧侶の服飾品として広まり、室町時代に庶民の間でも普及しました。風を扇ぐ道具としてだけではなく、能楽や狂言、茶道や落語、結婚式など、様々なシーンで異なる役割を持っており、日本の文化と深く根付いています。

 

今回の企画展では、様々な用途を持つ扇子の紹介に加え、日常使いしやすい扇子を約30本展示、販売します。扇子は、骨組みの本数や長さ、扇の幅や紙質で、扇いた時の感覚や風量も異なります。ぜひ実際にご覧いただき、お気に入りの一本を見つけてください。

京扇堂の扇子

日程
2019/8/2(金)~9/3(火)
時間
10:00~18:00(水曜休)
場所
D&DEPARTMENT KYOTO

●お問い合わせ:075-343-3217(京都店)

京扇堂

 

1832年創業の扇子専門店。約160の工程がある扇子作りを、一本ずつ丁寧に仕上げている。お店では扇子の絵付け体験も実施している。

https://www.kyosendo.co.jp/