石川県 Classic Ko 蒔絵のジュエリー

石川県 Classic Ko 蒔絵のジュエリー

代々受け継がれてきた漆を使った加飾技法「蒔絵」の手技を駆使し、その美しさをジュエリーを通して新たに提案している、石川県「Classic Ko」の商品をご紹介します。

d47 MUSEUM SHOPの「ARCHIVE MARKET」シリーズは、今までの展覧会でご紹介した出展者を改めて特集する場です。今回は2012年に開催された「47 accessories -47都道府県のアクセサリー展-」から、石川県の漆工芸大下香仙工房の「Classic Ko」の蒔絵のジュエリーを紹介します。

漆で文様を描き、乾かないうちに上から金や銀などの粉を撒いて定着させ、さらに漆で塗り込み、何度も磨き上げる蒔絵は、日本独自の加飾の技法です。その伝統的な産地の一つが、石川県加賀市。山中漆器で知られるこの土地は、山中木地挽物といわれる挽物産地でもあるなど、漆器産業が育まれてきました。

漆工芸大下香仙工房は、1894年(明治27年)に創立されて以来125年余り、代々蒔絵をつくり伝え、茶器や棗(なつめ)などの制作から始まり、現在は主に蒔絵・螺鈿のジュエリー生産のほか、ペンメーカーの蒔絵万年筆などを制作しています。「Classic Ko」は5代目の大下香征さんが、時代を経て受け継がれてきた蒔絵の手技を駆使しながらも、 現代の感性によって継がれる独自のミックス感覚を持った「美しさ」をコンセプトに、2008年に立ち上げたブランドです。


今回のMARKETでは、「Classic Ko」のイヤリングピアス・ピンブローチ ・ブローチ・リング・バングル・ネックレスなどをご紹介します。また、販売だけでなく、トーク勉強会やワークショップを行い、蒔絵の技術や歴史をはじめ、「Classic Ko」がどのように進化し、これからも続いていくことをどのように考えているのか、学びの機会も併せて開催します。

10月12日開催 「もののまわりトーク 石川県の漆工芸 蒔絵を学ぶ」のお申し込みはこちらから
10月12日~14日開催 「蒔絵・螺鈿でつくるアクセサリーワークショップ」のお申し込みはこちらから

石川県 Classic Ko 蒔絵のジュエリー

日程
2019/10/12(土)~10/20(日)
時間
11:00~20:00
場所
d47 design travel store Map 渋谷ヒカリエ

●お問い合わせ:03-6427-2301(d47)

*在廊日 10月12,13,14日 大下香征さんが店頭にいらっしゃいます(イベント開催時など対応が難しい時間帯もございます)

Classic Ko / 大下香仙工房

石川県加賀地方で125年蒔絵加工を営む大下香仙工房。その工房蒔絵ジュエリーブランドClassc Ko(クラシックコー)。蒔絵とは奈良時代(710年~794年)の頃から使われている、漆を用いた金装飾技術。Classic Koのジュエリーは、白蝶貝、琥珀、水晶、トルコ石等の天然素材に伝統的な手仕事で蒔絵を施し、世代を超えて永く楽しめるアイテムとして製作。
WEB/http://www.classic-ko.jp
Online shop/http://www.classic-ko.net

大下香征

蒔絵師・Classic Ko ブランドディレクター。
1972 神奈川県生まれ。創形美術学校 GD科卒業後、結婚を機に石川県加賀市に移住し、漆工芸大下香仙工房(大下宗香)に蒔絵を師事。茶器・棗などの蒔絵装飾を中心に習得する傍ら、木彫作家活動も行う。
2008 蒔絵ジュエリーブランドClassic Ko」を設立。漆蒔絵という日本の手技と天然素材を用いて、人と伝統工芸の新しい関係性をカタチにしている。