dワークウェアのシャツ

2018年に登場したD&DEPARTMENT のオリジナルウェア。
定番4色にシーズナルカラーを加えたシャツ2種、モッズコート、ショップコートにバックポケットシャツの5型で紹介しています。

 

今回はオールシーズン活躍するシャツのことを。
デザインは愛知県でCOMMONO reproducts(コモノリプロダクツ)というブランドでデザイン・生産管理をされていた山本 洋一郎さんと水谷 美知さんのお二人。D&DEPARTMENTはd design travel 愛知号制作を通じてお二人に出会い、COMMONO reproductsの洋服を紹介・販売。そしてブランド終了に伴い、dオリジナルウェアのデザインをしてもらうに至りました。

デザインのソースは「作業着」。植木職人やペンキ職人などが着るような機能があって丈夫、働く人が着るユニフォームが元です。

そしてD&DEPARTMENTのコンセプトは「ロングライフデザイン」。
これを芯に活動する私たちがつくる服として、流行に左右されない、スタンダードな形であること。dで働くスタッフがユニフォームとしてきた時に丈夫で長く着れること。これらの考えも込めてデザインをしてもらいました。

 

シャツは3種類、襟付きのレギュラーシャツ・襟のないスタンドカラー・後ろ身頃にポケットをつけたバックポケットシャツがあります。
D&DEPARTMENT TOKYOのスタッフがよく着ているのはスタンドカラーシャツ。

 

首に沿う形で襟が立ち、すっきりとした印象。髪の長い人でももたつくことなく着ることができます。フォーマルとカジュアルの間の佇まいが程よいです。

 

襟付きのレギュラーシャツは襟元に工夫が。
一番上のボタンを外して開襟にできる仕様になっています。なので襟もコンパクトな大きさ。山本さんがシャツのデザインを考えていた時、それは暑い日だったそうですが、年配の植木職人を見かけ、着ていた作業着の開襟具合やシルエットがたまらなく渋く格好良かったそう。首にかけたタオルと、白いTシャツの上から開襟シャツを重ねたその印象が盛り込まれています。

 

そして洗えば洗うほどにパッカリングというシワができるのもこのシャツの面白いところ。擦れやすい脇や肩、腕部分は「環縫い」という丈夫な縫製で縫っており、糸と布の収縮によりパッカリングが出てきます。これが経年によりUSEDの服のようないい味わいを生み出します。

 

バックポケットシャツはなんともユニークな襟付きシャツ。
COMMONO reproductsの製品にもあったカーペンターシャツの楽しさを引き継ぎ出来上がりました。後ろ身頃にポケットが配置され、たくさん物が入りそう。職人はここに道具を入れて作業しているのでしょう。手ぶらで出かける人におすすめしたいウェアです。シャツとしてはもちろん、薄手の上着のように着てもいいですね。

 

普段のスタッフの着用姿もサイズの参考になればと思います。
165cm / size:d2

158cm / size:d2

161cm / size:d0

165cm / size:d2

172cm / size:d1

158cm / size:d2

 

生地は綿100%ながらわずかにシャリ感もあり、カジュアルすぎない雰囲気。アイロンがけなしの洗いざらしで着るのはもちろん、アイロンをかけてきちんとした印象で着るのも似合う生地感です。作業中は袖をまくっていることが多いのですが、カフス部分が短めなので折り込んでももたつきません。

 

サイズはd0、d1、d2、d3の4サイズ。性別を問う仕立てではないのでサイズが合えばOK。ご家族で兼用する、という方もいます。

dオリジナルシャツは気負いなく、朝の支度時に自然と手が伸びる気持ち良さをもったウェア。店頭にいる私たちも日々着ていて良さを実感しています。年齢や性別を問わず、飽きることなく、長く着つづけることができるD&DEPARTMENT オリジナルシャツ。ぜひ着てみてください。

dワークウェア特集はこちらからどうぞ。
https://www.d-department.com/item/WEAR.html