『d design travel 福島』の最新情報をお届けします。

福島県の観光に関するアンケートにご協力をお願いします。 → 回答する

現在、d design travel 編集部では、福島県の観光に関するアンケートを実施しています。回答いただいた方の中から抽選で20名様に、福島県のジュースまたはお酒のプレゼントをご用意しています!福島県内在住、県外在住問わず、みなさんからの回答を受け付けていますので、ぜひ参加のご協力をお願いします。(ロングライフデザインの会 事務局 中村麻佑)

▼アンケートの詳細・回答はこちらから
https://forms.gle/rWn8xAZUCz55Am2G7
回答受付期間:~1月31日(月)まで期間を延長しました。[所要時間8分程度]

\ 福島県の観光スポット、旬の地域情報が満載! /
福島県観光情報サイト「ふくしまの旅」 → 詳しくみる


 
〈 d design travel 編集部の今 〉

2022年1月27日|福島県の取材もとうとう最後の日を迎えましたが、またまだ新しい出会いはありました。最後は円谷英二の故郷・須賀川市。庵野秀明氏を理事長におく「アニメ特撮アーカイブ機構」が監修する「須賀川特撮アーカイブセンター」へ。手描きアニメや特撮映画というと、CGが普及される世の中ではある意味技術の退化にも思えますが、実はこの日本ならではの文化は貴重なのです。皆さん、ぜひ応援してくださいね。(d design travel 編集長 神藤秀人)

2022年1月13日|新年明けましておめでとうございます。年末のCFチャレンジ、とってもドキドキしましたが、過去4回もやってきますと、きっと大丈夫っしょ、、、という安心感の中で進んでいるんじゃないか?って思うかもしれませんが、まったくもってそんなことはありません!!今回も応援してくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。よかった~ようやく本腰入れて2022年も取材スタートです。フルーツ県らしく、郡山の楽しいカクテルバーより。(d design travel 編集長 神藤秀人)

2021年12月28日|『d design travel』を続けたい vol.30 福島号、支援総額が100%に達成しました!日頃よりD&DEPARTMENTの活動をご支援いただいている皆様、情報拡散にご協力いただいた皆様、そして福島号の制作をご支援いただいた皆様、ありがとうございます。2022年3月、福島号の完成も楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。皆様からお寄せいただいた応援コメントにたくさんの力をいただいています。ありがとうございます。(ロングライフデザインの会 事務局 中村麻佑) → みなさんからお寄せいただいた応援コメントはこちら

2021年12月25日|d design travel 編集長の神藤秀人が、福島県郡山市のデザイン事務所「ヘルベチカデザイン」の佐藤哲也さん、遠藤令子さんとともに、福島号の特集は?掲載先は?〇〇は行くべき?など『d design travel 福島号』制作の“今”を語る裏編集会議をインスタライブ配信しました。アーカイブも公開中です!(ロングライフデザインの会 事務局 中村麻佑) → アーカイブを視聴する

2021年12月24日|『d design travel VIDEO』チャプター2を公開しました。主に会津編。積雪もあった会津エリアでの、取材もよう。ちなみにこのオープニングのジングルは、福島出身のあのアーティストをオマージュしてオリジナルで制作しています。(d design travel 編集長 神藤秀人)

2021年12月23日|クリスマスも近づき、福島県もだいぶ寒くなってきました。今週は積雪もあって、久々の雪国の取材に戸惑いを見せる編集長なのですが、同じく福島県でも「浜通り(海側のエリア)」に位置するいわき市は、映画『フラガール』で有名な「スパリ ゾート ハワイアンズ」があります。日本三大炭田の一つ常磐炭田。時代とともに「炭鉱から観光へ」と移り変わってきた歴史は、感動もの。詳細は、ぜひ、本誌で!(d design travel 編集長 神藤秀人)

2021年12月18日|毎号恒例になりつつあるデザイントラベルの取材動画。福島県も第一弾をアップしました。初めて郡山に着いてからの約2週間ほどをまとめていますが、動画撮影禁止区域も結構あります!ぜひ、本誌片手に、実際に現地に行って旅してみてください!順次、会津編、浜通り編も近日公開予定。(d design travel 編集長 神藤秀人)

2021年12月16日|日本各地の取材先や関係者の皆さんから届く、廃業した学校の校舎を再利用したさまざまな取り組み。まるで、“廃校活用ブーム”が到来しているかのように、全国各地で目立ちます。さて、福島県でも、素敵な取り組みがいくつかあって、観光協会や飲食店、アーティストインレジデンス、さらに宿泊施設に交流スペース……そのうち、新しい学級こそ始まるかもしれないほど、若者たちの活躍が目立っています。すごいな~(d design travel 編集長 神藤秀人)

2021年12月11日|福島県郡山市の「ブルーバードアパートメント喫茶室」にて、d design travel 毎号恒例の市民参加型ワークショップを開催しました。福島県内の方はもちろん、県外から泊まりがけで駆けつけてくださる方もいらっしゃいましたが、開始5分前には全員集合!この日を、そして、福島号の発刊を楽しみにしてくださっているのを、ひしひしと感じました。活気あふれる熱い夜の様子を伝えるライブ配信動画は、d design travel 編集部のInstagramアカウントでアーカイブを公開しています。ぜひ覗いてみてください。(ロングライフデザインの会 事務局 中村麻佑) → アーカイブを視聴する

2021年12月1日|d design travel 編集部は、次号に向け福島県入りしています。そう、区切りの30県目は、久々の東北地方「福島号」です。福島のみなさん、お待たせしました。震災後、いろいろな思いを持って活動する人々による、今の福島のデザインの現場。編集部の拠点は、 郡山市の「ブルーバードアパートメント」のシェアオフィス。これから年内は、福島県をぐるぐる巡っていきます(すでに雪!)。(d design travel 編集長 神藤秀人)

\ 福島県の観光スポット、旬の地域情報が満載! /
福島県観光情報サイト「ふくしまの旅」 → 詳しくみる

デザイン観光ガイド『d design travel』 → 詳しくみる


 

\ 現地取材の様子を随時更新中! /
Facebook公開グループ「d&d福島会」 → 参加する
本誌制作にまつわるこぼれ話から制作の裏側まで、編集部が現地で出会った福島の魅力とともにお届けしています。どなたでもご参加いただけますので、ぜひメンバーになって福島号の制作を応援ください。

\ クラウドファンディングに挑戦! /
『d design travel』を続けたい vol.30 福島号|READYFOR → 支援する
トラベル誌がこれからも、旅をして、モノを買い、コトを知り、人と出会い繋がっていく、「未来への切符」のような存在であるために。どうか、ご支援よろしくお願いします。
【支援受付期間】12月28日(火)23:00まで *福島号の先行予約や数量限定の先着リターンあり

\ 取材候補先をみんなで議論 /
d design travel WORKSHOP FUKUSHIMA → 参加する
『d design travel 福島』の取材候補先をみんなで考えるワークショップを開催。ここで挙げられた場所や店などの情報を大いに参考にして、「福島号」の制作を進めていきます。
2021年12月11日(土)開催 〈事前予約制〉 会場:ブルーバードアパートメント喫茶室(福島県郡山市)


\ 特別公開中! /
d design travel 編集部の動画コンテンツ → 視聴する
d design travel 編集部の現地取材の様子や過去に開催した展覧会の音声ガイド、制作秘話をざっくばらんに語り尽くすオンライントークのアーカイブ動画などを公開しています。
YouTube / Facebook / Twitter / Instagram