やちむんブルーズ Part Ⅱ

やちむんと漆器。分野は違えど、沖縄で器作りに取り組むお二人、井口工房 井口春治さんと木漆工とけし 渡慶次弘幸さんに、器作りにかける想いを語っていただきます。

やちむんブルーズ Part Ⅱ

日程
2019/8/3(土)
時間
19:00 - 20:30
場所
D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD Map D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD
参加費
¥1,000(税込)1ドリンク付き
定員
50名

●お申込み方法:Web予約/店頭・TEL
●お問い合わせ:098-894-2112(沖縄店)

※イベントにお車でお越しの場合は、普天間市民駐車場をご利用ください。会場までは送迎車が運行します。(運行時間 イベント開始1時間前~開始時刻、終了後~最後まで)

井口 春治(いぐち はるじ)
1968  沖縄県中城村に生まれる
1986  浦添工業高校デザイン科卒業
1995  沖縄県立芸術大学卒業
1999 ~ 2000 イタリア、フィレンツェ滞在
2000 ~ 2005 読谷山焼 大嶺實清氏に師事
2012  読谷村に「井口工房」を設立
幼い頃、ランボルギーニ・カウンタックに憧れる。そして、高校からデザインの勉強を始める。大学浪人時代に大嶺實清氏の個展にて、現代の壷屋焼きにはない作風に衝撃を受け陶芸の道へ転向。日用品として使いやすく、喜ばれるものづくりを心掛けている。
渡慶次 弘幸(とけし ひろゆき)
木漆工とけし 木地師
1980 浦添市出身
2001 沖縄県工芸指導所木工研修終了
2003 石川県輪島市、桐本木工所弟子入り
2010 名護に工房を構え、県産の様々な樹種に合わせた漆器作りに取り組む