d47 MARKET「宮崎のお茶を伝える白玄堂の新茶」

宮崎県宮崎市にて宮崎茶を伝える茶屋、「白玄堂」。
白尾尚美さんは宮崎のお茶を日常的に楽しんでもらいたいという想いのもと、宮崎県の茶農家を回り、畑選びからブレンドまで、すべて白玄堂で手がけています。味を生かすためにお茶を加工する作業「火入れ」を温度と時間だけではなく、香りを最も重視したタイミングで決めています。また作る人、作られる場所、年で味、香り、色が変化するため、その変化をお茶の「個性」として大切に伝えています。

 

 

九州では日常よく飲まれる、蒸す工程を経ずに釜で炒る「釜炒り茶」や、「米麹紅茶」、「生姜紅茶」などのd47定番商品の他、白尾さんがブレンドした今年の新茶もご紹介いたします。

 

6月8日(日)、15日(土)、16日(日)は白尾さん在店日。淹れたての新茶をお楽しみいただけます。ぜひこの機会にお越しください。

d47 MARKET「宮崎のお茶を伝える白玄堂の新茶」

日程
2019/6/3(月)~6/17(月)
時間
11:00~20:00
場所
d47 design travel store(渋谷ヒカリエ8F) Map d47 design travel store(渋谷ヒカリエ8F)

●お問い合わせ:03-6427-2301(d47 design travel store)

白玄堂店主 白尾 尚美
1977年、宮崎県宮崎市出身。
宮崎産業経営大学卒業後、農林水産省野菜茶業試験場でお茶の基礎を学び、民間会社を経て実家である「白玄堂」に入社。JA宮崎経済連でお茶の営農指導員をしていた父親とともに、県内のお茶農家をくまなく回り、宮崎のお茶を学ぶ。2014年、宮崎のお茶をもっと知ってもらおうと、お茶カフェ「HAKUGENDO CHAYA」をオープン。
日本茶インストラクター・リーダー、日本茶アドバイザー専任講師、煎茶手もみ教師、白玄堂茶師、日本茶ソムリエ、宮崎茶プロデューサー、HAKUGENDO CHAYA店長