d SCHOOL わかりやすい狭山茶  -春 狭山新茶を楽しむ-

 日本三大銘茶のひとつである狭山茶は入間市を中心に所沢市、狭山市などで生産されている日本茶です。お茶の産地としては北限近くに位置しており、寒さを耐え忍んだ狭山茶には他にはない旨みがあります。茶摘み歌の一説には「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」というほどに埼玉県を誇る日本茶です。

GWにかかる頃、狭山茶を生産する人や茶園の人、ご近所の摘み子さんは新茶の芽吹きはそろそろかと待ち望む時期。1年間大切に育てた茶の木の新芽の収穫、そしてその新芽でつくる新茶は、この時期だけの特別なお茶です。

今回のイベントでは、狭山茶の専門店である「茶 岡野園」より3代目の相田尚美さんを講師としてお迎えし狭山茶の特徴、新茶の美味しい淹れ方を学びます。そして出荷されたばかりの狭山新茶を皆さんと一緒に丁寧に茶葉から淹れ、じっくりと味わいます。お茶菓子には埼玉店のおすすめする埼玉のお菓子をご用意します。

勉強会では普段ご使用している急須やティーポットなどをご用意いただき、道具に合わせたお茶の入れ方をレクチャー致します。
使用する資料は印刷し同梱いたします。会の終了後もぜひ資料をご活用いただき新茶の味比べなどお楽しみください。

今年の狭山新茶の収穫を祝い、その味を埼玉のお菓子と共に楽しみましょう。オンラインでの開催ですので、ぜひご自宅でご家族とも一緒に狭山新茶を楽しみませんか。

d SCHOOL わかりやすい狭山茶  -春 狭山新茶を楽しむ-

日程
2021/05/15(土)
時間
14:00~15:00
場所
オンライン会議サービス「Zoom」
※URLはお申し込み後にお知らせします。
参加費
¥3,000(送料・税込)新茶、ふきん、埼玉のお菓子付き
定員
12名

●お申込み方法:WEB/店頭
お支払いは「店頭現金払い」もしくは「お振り込み」となります。
なお振り込み手数料はお客様にてご負担ください。
●お問い合わせ:048-580-7316(PUBLIC DINER d埼玉店共有回線)

【参加受付期限】
2021.05.10まで
期日以降は直接店舗へご連絡ください。
【注意事項】
事前に商品を発送いたします。住所を正確にご入力ください。
確実にお受け取りしていただくため13日もしくは14日の受け取り可能時間をご指定ください。
本企画はオンライン会議サービス「Zoom」を使用します。事前にご登録をお願い致します。(「Zoom」についてはこちら
イベント開始15分前より入室可能です。
なお遅れての参加、当日不参加の場合の返金は対応致しませんのでご注意ください。
商品を発送致しますので参加申し込み後のキャンセルも不可となります。

【商品内容】
・茶 岡野園の狭山新茶
 令和3年産 狭山新茶 一番摘み80g
 ※1人分のお茶で約32杯分相当(2煎目まで淹れた場合)
 令和3年産 手摘み 10g
 令和3年産 八十八夜摘み 10g

※画像茶葉とお送りする新茶はパッケージデザインが別となります。ご了承ください。
※画像木製トレーは付属されません。
 
・オクムサ・マルシェのレモンケーキ1ケ
埼玉県越生町にある「薬膳ごはんと喫茶 オクムサ・マルシェ」の埼玉県ときがわ町産小麦と国産レモンを使用した爽やかな香りのレモンケーキです。
・山香煎餅本舗 草加煎餅(初代蒸篭職人御所車)1ケ
国産の有機米を、蒸篭で蒸して生地を作っているお米の美味しさを堪能できる草加煎餅です。無添加でシンプルに作り上げた煎餅は噛めば噛むほどにお米の味わいが楽しめます。
・白雪ふきん1枚入り 
蚊帳生地を8枚重ねにした白雪ふきんは初めにお湯で糊を落とすとふっくらと柔らかく吸水性が良くとても丈夫なふきんです。お茶淹れの道具の一つとしてもキッチンの台拭きとしても心地よく使用できます。
・勉強会資料1セット(お茶の淹れ方のミニ冊子もセット)

※画像木製トレーは付属されません。
【ご用意いただくもの】
ご自宅で使用している茶器 1つ(急須かティーポット)
湯呑み茶碗 2つ
大さじ 1つ
タイマー 1つ
お湯 (ご用意している急須2杯分相当量)
布巾  1つ
d SCHOOL わかりやすい狭山茶  -春 狭山新茶を楽しむ-

相田 尚美

1984年埼玉県東大宮生まれ。茶 岡野園三代目として埼玉名産の狭山茶専門店を営む。昔ながらの焙煎機をつかって仕上げる自家焙煎ほうじ茶や抹茶入り玄米茶など初代から製法を受け継ぎお茶作りに励む一方、日本茶インストラクターの資格を持ち、イベントやワークショップを通じて四季折々の茶の愉しみ方を幅広い世代に伝える活動をしている。

d SCHOOL わかりやすい狭山茶  -春 狭山新茶を楽しむ-

茶 岡野園は、現代の町のお茶屋です。
昭和二十八年創業、埼玉名産の狭山茶専門店として親子三代にわたって大宮で営んでまいりました。仙厓の禅画「□△○」をもとにしたロゴデザインには、茶によって広くひとの心が通うようにという願いを込めています。ひとに、日々に、寄り添う茶をお届けいたします。
茶 岡野園についてはこちらから