MARUNI60 新作フェア2020

1928年に設立した昭和曲木工場を前身とし、「工芸の工業化」をモットーに家具の工業生産、量産化を目指し様々な技術の開発にいち早く取り組んでいる広島県のマルニ木工。

 

マルニ60の原型である「No,79(みやじま)」の誕生60周年記念モデル「ビーチフレームチェア」と新作のファブリックをご紹介する今回の新作フェア。フェアに合わせて、普段展示のないハイバックシリーズのオークフレームチェアも店頭に並びます。さらに「dop tambourine」のファブリックを定番の4カラーを含む34カラーに増やし大幅にボリュームアップ!お好みのカラーがオーダー頂けます。

 

MARUNI60 新作フェア2020

日程
2020/11/21(土)~2021/1/11(月)
時間
12:00-18:00(火水定休)
場所
D&DEPARTMENT TOKYO Map 東京都世田谷区奥沢8-3-2

●お問い合わせ:03-5752-0120(東京店)

年末最終営業日は12月28日(月)となります。
年始営業日は1月8日(金)より営業

60th記念モデルが登場!
マルニ60の原型である「No.79(みやじま)」の発売から60周年を記念して新しいアイテムやファブリックが仲間入り。創業時から使用しているブナの木を使ったチェアは、温かみのあるミディアムブラウン色、木部の仕上げと塗装は1点1点職人による手作業で仕上げています。記念モデルとして新しく登場した、セットアップ式の2人掛けソファも展示します。

新作の商品詳細は【こちら】
mina perhonenのテキスタイル「dop」
全34色からお好みのカラーがオーダーできます!
マルニ60× mina perhonenのテキスタイル「dop tambourine」のカラーバリエーションを大幅にボリュームアップ! 期間中はマルニ60定番色の4色に加えてプラス30色、全34色からお好みのカラーがオーダー頂けます。生地は異なる色が両面に配置された厚手のモールスキン、使い込むうちに表面の糸が擦り減ることで裏面の新しい色が現れ、生活に寄り添いながら「生地の経年変化」をお楽しみ頂けます。

納期:ご注文から6週間
《対象アイテム:ソファシリーズ オットマン スツール》
ハイバックチェアも店頭に並びます!
ハイバックシリーズは通常モデルより背もたれ部分のみが10cm伸びており、首回りや肩をやさしく包み込みより快適な座り心地にこだわったモデルです。組み立て式のソファなので、通常モデルをお使いの方も別売りの背もたれパーツとクッションを交換してあげるとハイバック仕様に変更することができます。是非店頭で座り比べてください。
MARUNI60 新作フェア2020

マルニ木工

1928年広島県に創業。高度な曲げ木の技術を確立し、それまで手工業の域を出なかった木工家具に家具の工業生産を開始する。戦後、新種の木材や乾燥技術など世界中から先進的な方法を学び、日本の木工技術革新の牽引役となった。 2004年「次のマルニ」に向けての挑戦として「ネクストマルニ」を開始、2006年、60VISIONに参加。「マルニ60」「マルニ60+」を展開、2008年からは「MARUNI COLLECTION」を展開している。