「大與」の和蝋燭を灯しながら「魚治」左嵜さんによる滋賀をたべる会

和蝋燭の火を眺めながら、十五夜にお食事を頂く

「大與(だいよ)」は、1914年創業の滋賀県高島市にある和蝋燭専門店。 四代目当主・大西巧さんは、火が現代の暮らしの中から失われかけていることに警鐘を鳴らし、日常に火を取り入れるための提案をしています。

琵琶湖がある滋賀県では、湖に棲む魚「湖魚(こぎょ)」を用いた独自の食文化があり、鮒(ふな)をお米に漬け込んで長期発酵させる「鮒鮨」は、滋賀の伝統食として根付いています。

今年の中秋の名月は、10月1日。鮒鮨を昔と変わらない作り方と味でつくり、時代に合わせた食べ方を提案している、鮒鮨専門店「魚治」の左嵜 謙輔さんをお招きし、高島の食材を用いて作るお月見にちなんだコース料理を、蝋燭の明かりの下で頂きます。

植物性の原料から作られる和蝋燭は、炎が大きく消えにくく、臭いもほとんどないため、食事の際の明かりに適しています。
当たり前のように電気を付けて生活している私たちですが、この日は電気の明かりは最小限にして蝋燭に火を灯し、火の暖かさや揺らぎを感じながらお食事を楽しみましょう。

「大與」の和蝋燭を灯しながら「魚治」左嵜さんによる滋賀をたべる会

日程
2020/10/1(木)
時間
19:00-21:00
場所
D&DEPARTMENT KYOTO 食堂
参加費
¥6,600(税込)お料理5~6品、デザート、1ドリンク付、蝋燭代込。
定員
8組(※1組2名様以上4名様まで、定員16名。1名様でお申し込み希望の方は、下記注意書きをご覧下さい。)

●お申込み方法:上記「お申込み」ボタンにてwebより/店頭/お電話(075-343-3215)
●お問い合わせ:075-343-3215(京都店食堂)

※今回は火を取り扱うため、安全面を考慮して1組2名以上のご参加を条件としております。但し、1名様でのお申し込みをご希望の方で相席をご了承していただける場合は、3名様以上での相席をご案内できる可能性がございますので、直接お店までお問い合わせください。

『 d design travel SHIGA 』のキーマンが集合!
今回は、2015年に発刊された『 d design travel SHIGA』からゲストをお招きます。一夜限りのスペシャルなゲストの方々と一緒に、滋賀を堪能しましょう!

〈 d design travelシリーズとは 〉
ロングライフデザインをテーマに活動をおこなう、私たちD&DEPARTMENT PROJECTは、日本の47 都道府県にある「その土地ごとの 個性」を再発見し、その土地に長く続く暮らしの大切さを確認するため、47 都道府県を 1 県ずつ 1 冊に編集した観光ガイド『 d design travel 』を制作しています。
2ヶ月間暮らすように現地を旅して、本当に感動したものだけを「ロングライフデザイン」の視点で、本音で紹介しています。各都道府県に根付いた「長く続くもの」・「その土地の個性=らしさ」を選定し、[観光・飲食・買物・喫茶・宿泊・人物]の6つのカテゴリーに分けて「dマークレビュー」として掲載。
情報満載の旅行雑誌ではなく、D&DEPARTMENTの感覚で確かめ、10年後も継続する生命力と、地場からのメッセージをしっかり持っている場所を紹介していく、デザイントラベルガイドシリーズです。

『 d design travel SHIGA 』(2015年発刊)
鳥や魚や獣たち、そして人間が共にデザインする滋賀県。

滋賀県の美しさや豊かさは、今を生きる自分たちだけではつくる事ができない。40万年前からこの地に横たわる琵琶湖や、その周りをぐるりと囲む山々や大地に根付き、棲む、あらゆる生き物たちが、それぞれの役割を果たし、繋がり合って、潤いを分かち合っている。世界のどこにもない固有の県だ。
NIPPON VISION MARKET 滋賀
「大與の和ろうそく」連動企画
NIPPON VISION MARKET 滋賀 「大與の和ろうそく」
2020/9/4(金)~10/5(月)
SHOPレジ前スペースにて開催

SHOPのレジ前スペースにて開催中。
期間中は、米と櫨の2種類のろうそくを展開するほか、燭台などの販売も行っております。
 
「大與」の和蝋燭を灯しながら「魚治」左嵜さんによる滋賀をたべる会

「 大與 」四代目当主 大西 巧さん

●『 d design travel SHIGA 』 dマークレビュー 〔SHOP〕
滋賀県高島市今津にお店を構える、和ろうそく専門店の四代目当主。大西巧さんが立ち上げたシリーズhitohitoでは、ろうそくが灯る生活を改めて見直して欲しいとの想いで、現代の生活に取り入れやすい商品を展開している。(写真撮影:タニショーゴ/株式会社トーチ)
(HPはこちら

 

「大與」の和蝋燭を灯しながら「魚治」左嵜さんによる滋賀をたべる会

「 魚治 」七代目 左嵜 謙祐さん

●『 d design travel SHIGA 』 dマークレビュー 〔SHOP〕
近江の伝統食、鮒鮨の老舗店「魚治」の七代目店主。京都の料亭にて修行を行なった後、家業である「魚治」に戻る。先々代で途絶えていた木桶作りの鮒鮨を復活させ、変化する食生活に合わせた鮒鮨の食べ方を提案するだけではなく、文化としても伝えている。
(HPはこちら

「大與」の和蝋燭を灯しながら「魚治」左嵜さんによる滋賀をたべる会

「 針江のんきぃふぁーむ 」石津 大輔さん

●『 d design travel SHIGA 』 dマークレビュー 〔PEOPLE〕
平成の名水100選にも選定された「生水(しょうず)の郷」と呼ばれる高島市針江地区で、環境への負担を最小限に抑えた農業を心がけ、農薬・化学肥料不使用の米や農作物を育てる「 針谷のんきーふぁーむ 」を営む。“ 食と農を明日へつなぐ ”をテーマに掲げ、先人が育んだ知恵と技術を生かしながら、次世代の子供たちへ食と農を繋ぐための活動を行っている。
(HPはこちら