ロングライフデザイン×石垣島

八重山の歴史、文化を紐解くトーク

沖縄県八重山郡石垣島。沖縄県とはいえ、沖縄本島から約400kmも離れた石垣島には、「八重山」文化が根付き、沖縄本島とは似ているようでまた少し違った、歴史、工芸、文化が根付いています。ナガオカケンメイが聞き手となり、d TOUR OKINAWAオフィシャルガイド賀数仁然と平田観光株式会社コンシェルジュ、奥平崇史を迎え八重山の歴史、文化を紐解きます。

ロングライフデザイン×石垣島

日程
2018/6/30(土)
時間
19:30~21:00(19:00開場)
場所
大濱信泉記念館(沖縄県石垣市登野城2-70) Map 大濱信泉記念館
参加費
2,160円 (要予約/前払い)
定員
50名

●お申込み方法:Web
●お問い合わせ:098-894-2112(d沖縄店)

賀数 仁然(かかず ひとさ)

1969年12月9日、那覇市生まれ。
自称マチグゥワーのプリンス。
早稲田大学大学院 人間科学研究科修了(生命科学専攻)。
2009年に有限会社 FEC(芸能プロダクション)にて文化事業部設立し、ツアー企画、観光ガイド業を開始。世界遺産にまつわる琉球王国の歴史文化とエンターテイメントの融合をテーマに、笑いを取り入れたガイドが好評。http://kubougrande.com

奥平崇史(おくだいらたかふみ)

沖縄県生まれ。平田観光株式会社 八重山コンシェルジュ
平成30年度沖縄県文化財保護指導委員。

ナガオカケンメイ

デザイン活動家・D&DEPARTMENT ディレクター
すでに世の中に生まれたロングライフデザインから、これからのデザインの在り方を探る活動のベースとして、47の都道府県にデザインの道の駅「D&DEPARTMENT」を作り、地域と対話し、「らしさ」の整理、提案、運用をおこなっている。2009年よりデザイントラベルガイド『d design travel』を刊行。2012年より渋谷ヒカリエ8/にて47都道府県の「らしさ」を常設展示する、日本初の地域デザインミュージアム「d47 MUSEUM」を発案、運営。2013年毎日デザイン賞受賞。京都造形芸術大学教授、武蔵野美術大学客員教授。
www.nagaokakenmei.com