2012000200192 manbou
  • まんぼう湯呑・糠白
  • まんぼう湯呑・糠白
  • まんぼう湯呑・糠白
  • まんぼう湯呑・糠白
  • まんぼう湯呑・糠白
  • まんぼう湯呑・糠白
益子で古くからつくられている形の湯呑みです。柄のあるものがほとんどですが、D&DEPARTMENTでは伝統的な釉薬を単色でかけて無地のものを作ってもらっています。器を釉薬の中に沈める「浸し掛け」という手法を使い、湯呑みの内側まできれいに釉薬がかかっています。 

益子焼 
江戸時代末期に黒羽藩の御用窯としてはじめられた。良質な陶土が採れ、東京にも近いことから台所用品の産地として発展を遂げる。1924年、陶芸家の濱田庄司が益子に移住し創作する傍ら、柳宗悦らとともに民芸運動を始める。その影響を受けた地元の工人が民芸品を作り始め、濱田庄司の作品を手本とした作風が今の益子焼の原点に繋がっている。

製品情報

配送について