2012000700082 imari_choumiryo
  • 伊万里陶苑 調味料入れ
  • 伊万里陶苑 調味料入れ
伊万里という古くからの産地にありながら、昭和43年と比較的新しく出来た会社です。設立のきっかけは、近代化の波に押され、手加工が軽視され、どんどん伝統技能者が減っていき、その技術の保持に危機感を感じた所からでした。澤田痴陶人(※)という陶芸家がこの事実を嘆き、それに共鳴した有志によって出来上がった会社です。中心スタッフには、当時の長崎窯業技術センターのデザイン科長であった、クラフトデザイナー岡本榮司が参加していて、この調味料入れは岡本のデザインです。絵付けが施された、いわゆる伊万里焼きではないのは、当時としては新しい感覚をもった人たちによって作られたからなのです。研ぎすまされた形は試行錯誤の上に出来たあたたかみのあるマット釉により、和に偏らない美しいものになっています。作り方は鋳込み成型と呼ばれるものです。石膏型に陶土を液状にしたもの(泥漿~でいしょう~)を流し入れると、泥漿の水分が石膏に吸い取られ、その分が型に張り付きます。厚みが出来たら余分な陶土は流し出し、型を外します。さらに削りという作業があります。型から出た土瓶などをロクロにおいて、カンナで削り、カタチを整えます。その後、素焼き→釉掛け→本焼きの作業で仕上げます。デザインされてから数十年経った今も、同じ様に職人の手で一つ一つ作られています。(※澤田痴陶人は日本人で初めて英国大使館で個展を開催した作家です)

製品情報

配送について