人数と広さで選ぶ、ダイニングセット
食事やお茶をするダイニングの家具は、色や形以上に、使う人、家具の大きさ、空間寸法が重要になります。ここでは使用人数と部屋の広さから、最適なダイニングセットを選ぶポイントを紹介します。
ダイニングの選び方
必要な空間寸法。
ダイニングセットを置く部屋は、テーブルやイスの大きさに加え、イスを引いたり人が通るための空間を確保する必要があります。右を参考に室内の寸法を確認して家具の配置を決めましょう。
テーブルを選ぶポイント
卓上で1人が必要とする食事のスペースは、幅60cm、奥行き40cmとされています。これを基準に、使用する人数からテーブルの大きさを決めましょう。
イスを選ぶポイント
イスの座面から天板までの距離が27~30cm、食卓に置いた肘が直角になるくらいが身体に合うとされています。店頭で試す際は靴を脱いで座ってみましょう。
使用人数で選ぶテーブルサイズ
2人の場合
縦横80cm以上の大きさが必要です。このサイズなら1人用のデスクとしても使えます。
3人の場合
2人暮らしで将来家族が増える場合、最初から大きめのものを選べば買い換え不要です。
4人の場合
4人家族、来客の多い2人暮らし、3人でゆったり使用する場合は、幅120cm以上が理想です。
ブランドで選ぶダイニングセット
オーク材のダイニングセット
マルニ60 ダイニングセット広島
オークフレームチェアに合わせて設計されたダイニングセット。素材やクッションの色展開も同じで、リビングとダイニングをマルニ60で統一できる。
中央につけられた幕板
ラウンドテーブルは十字に、ダイニングテーブルは中央に幕板があり、肘掛けイスを合わせても邪魔になりません。
オークフレームチェアと同じ構造
素材も構造もオークフレームチェアを継承したLDチェア。マルニ60でリビングとダイニングを統一できます。
組み立て式
テーブルもイスも全て組み立て式。大人1人通る幅があれば搬入経路は十分です。狭い戸口もスムーズに通ります。
アイテム一覧
人数の目安商品名サイズ(mm)価格
2人ラウンドテーブル800×800
¥50,000
3人ラウンドテーブル1000×1000
¥64,000
4人ラウンドテーブル1200×1200
¥70,000
4人ダイニングテーブル1500×850
¥90,000
6人ダイニングテーブル1800×850
¥110,000
種類が豊富なダイニングチェア
カリモク60 ダイニングセット愛知
ダイニングテーブルは2色3サイズ、ダイニングチェアは3種7色と種類が豊富。室内や他の家具とバランスを合わせ選択できる。
耐久性の高い塗装
天板は、建物の外壁に使われるほど耐久性の高い塗装を使用しています。熱や経年使用のすり傷に強いことが特長です。
幕板のないデザイン
天板と脚だけのシンプルな構造で幕板がありません。天板下の空間が広く、足を組んでもゆったりと座れます。
取り外しのできる脚
脚部は回して取り外しが可能。搬入搬出時には天板と脚に分解でき、工具いらずで組み立ても簡単です。
アイテム一覧
人数の目安商品名サイズ(mm)価格
2人ダイニングテーブル800×800
¥44,500
3人ダイニングテーブル1300×800
¥58,500
4人ダイニングテーブル1500×800
¥61,000
Dチェアから生まれたテーブル
カリモク60 Dテーブルセット愛知
1973年に発売されたDチェアに合わせ、2004年新たに開発されたDテーブル。天板と脚部は角を落とした丸みのあるデザイン。
丸四角い天板
天板の角が丸く楕円に近い長方形。2人なら対面、4人なら囲むように座れます。カラーは白と木目の2種類。
調節できるテーブル高
テーブルの高さは2段階に調節可能。低めに作られたDチェアに合う62cmと、一般的なイスに合う66cmです。
座高の低いDチェア
一般的なダイニングチェアより2cmほど低く設計されたDチェア。横幅も広くゆったりと座れます。
アイテム一覧
水之江忠臣の代表作
天童木工 水之江忠臣シリーズ山形
商品化までおそよ100脚以上の試作を重ねたイス。シンプルな構造は食卓テーブルにも応用されている。どちらもグッドデザイン賞を受賞。
成型合板の幕板
幕板は天童木工が得意とする成形合板。横から見た際、脚と幕板が一体化して見えるよう考えられたデザインです。
斜めに取り付けた脚
やや平たいテーブルの脚は、天板に対し45度の角度で付けられ、脚と脚の間を広くとる工夫があります。
成型合板の背と座
イスの背と座は、身体に合わせて曲線を描いています。板材でありながら自由な形を作る成形合板ならではの技術です。
アイテム一覧
人数の目安商品名サイズ(mm)価格
2人食堂テーブル800×800
¥66,000
3人食堂テーブル1200×800
¥77,000
4人食堂テーブル1500×800
¥88,000
オリジナルは、旅館で支持された座卓
天童木工 Antlerシリーズ山形
建築家・坂倉準三の研究所がデザインしたダイニングセット。テーブルは、天童木工のデザイナー・乾三郎が生んだ超軽量の座卓が原型となっている。
幕板のないデザイン
天板に幕板がありません。また内部はロールコアと呼ばれる筒状の厚紙を並べた芯材が使われており非常に軽量です。
天板と脚の一体構造
成型合板で作られた脚を釘やボルトを使わず独自の技術で天板に接着しています。接合部には隙間がありません。
コマ入れ成型のイス
肘掛から脚部までが一体成形。コマと呼ばれる無垢材をフレームで挟み込み圧縮成型し、強度を高めています。
アイテム一覧
長く使える体制があります。
すべてのメーカーに、有限の保証と修理を受ける体制があります。また、D&DEPARTMENTで購入いただいた商品は、弊店で買い取りいたします。家族構成や住環境の変化に合わせて家具を変える際、買い換えの負担を軽減できます。