コーヒーを楽しむ道具
D&DEPARTMENTのコーヒーの道具は、自宅でも美味しいコーヒーを淹れるための道具が揃っています。プロも愛用する道具でありながら難しい使い方はなく、誰でも簡単に贅沢なコーヒーの時間を楽しめます。
2つの淹れ方、それぞれの味わい
幾つもあるコーヒーの淹れ方から、自宅でも簡単に楽しめる2つの淹れ方、
初心者からプロまで愛用する3つの商品を紹介します。
フレンチプレス
抽出器具とポットが一体になり、金網状のフィルターでコーヒー粉をプレス(圧縮)しろ過する淹れ方。コーヒーオイルがしっかり抽出されるのが特長。
ペーパードリップ
ペーパーフィルターを使う淹れ方。雑味のないすっきりとした味わいを楽しめる。フィルターは使い捨てなので器具のお手入れも簡単にできる。
フレンチプレス
CHAMBORD
フレンチプレスコーヒーメーカー
・4分でできる特別な技術のいらない淹れ方
・コーヒーオイルの果実のような酸味を抽出
・口に残るコーヒー粉の甘みと独特の苦み
¥4,000~

購入はこちら

お湯を注いで4分、あとはプレスするだけ
ゆっくりとコーヒー粉を膨らませるようにお湯を注ぎ、4分待つ。ただこれだけを守れば美味しいコーヒーを入れることができる手軽さが魅力です。
香りとコクをそのままに
ペーパーフィルターと違い、コーヒーオイルをそのまま抽出でき香りとコクを楽しめます。コーヒーの微粉が残り独特の風味を感じられるのも特長です。
ペーパードリップ
CHEMEX
コーヒーメーカー
・ポット一体型の機能的で美しいフォルム
・雑味を取り除くドリップ部分
・まろやかな味を生むペーパーフィルター
¥7,000~

購入はこちら

実験室から生まれた形
実験室の三角フラスコでコーヒーを淹れていた科学者のピーター・シュラムボーム博士が考案。実験用の器具やろ過、抽出の知識が活かされた形です。
独特なフィルターを使った抽出方法
片方が3重、もう片方は1重になる円錐状のペーパーフィルターは、コーヒーの酸味や雑味を適度に取り除きすっきりしたまろやかな味わいになります。
ペーパードリップ
コーノ式
名門ドリッパーセット
・好みの味に淹れられる円錐型ドリッパー
・コーヒーの灰汁を入れにくい溝の工夫
・抽出スピードのコントロールがしやすい
¥3,700~

購入はこちら

コーノ式名門ドリッパーはなぜ良いのか?
円錐形のコーノ式は、お湯が均一に浸透し中心に向かい落ちていくため、ムラになりにくくすっきりとした風味を楽しめます。また、ドリッパーの途中から付いた溝により空気が抜けるので柔らかな味に抽出されます。
¥750~

購入はこちら

他のドリッパーと比較
コーノ式
円錐形で途中から溝の付いた形。上部はフィルターが密着し灰汁が落ちにくくじっくり抽出できる。
ハリオ式
円錐形でスパイラル状のリブが付いた形。空気が抜けやすく中心に向かい落ちやすい。
メリタ式
横から見た形が台形型のドリッパー。分量のお湯を一定量均一にゆっくり抽出できる。
カリタ式
メリタ式と違い穴が3つの形状。抽出スピードが早く、注ぐ量で抽出が調節しやすい。
もっと楽しめる、さまざまな道具
淹れ方が変われば味が変わるように、ドリップポットや保存器具が変わっても味は変わります。コーヒーの時間を時間をもっと楽しむための、その他のおすすめの道具を紹介します。
2.美味しさを逃がさない
¥20,500~

購入はこちら

3.挽きたてを楽しむ
¥5,800

購入はこちら

ドリップを追求した注ぎ口
プロの愛用者も多い理由は特徴的なカーブの注ぎ口。一定量のお湯を細く、すぅっとゆっくり注げます。
明治8年から続く茶筒の技術
茶筒の技術を用いた機密性の高い保存缶。職人の高い技術により、外蓋が胴に吸い付くようにしまります。
外に持ち出せるコンパクトな形
分解してコンパクトに収納できるコーヒーミル。セラミック刃なので、金属臭が付かず風味が守られます。
4色から選べるホーローポット
¥3,800~

購入はこちら

ガラス質のホーローは保温性に優れ、直火にもかけられます。鮮やかな色合いで使いたくなるポットです。