わかりやすい竹細工

姶良市にて竹をはじめとした伝統工芸の制作を行なう「柚木竹細工工房」の柚木一徳さんに、鹿児島の竹を使って竹かごの編み方を教えていただきます。本格的な編み方で制作しますが、自分で編むことで鹿児島の竹細工がより身近な存在になります。ものづくりに興味のある方、竹細工が好きな方、ぜひご参加ください。

わかりやすい竹細工

日程
2018/6/17(日)
時間
13:00~16:30
場所
D&DEPARTMENT KAGOSHIMA Map D&DEPARTMENT KAGOSHIMA
参加費
4,000円
定員
10名

●お申込み方法:電話/店頭
●お問い合わせ:099-248-7804(D&DEPARTMENT KAGOSHIMA by MARUYA)

※水を使いますので、濡れないようエプロンをご持参ください。

今回の課題は「六つ目編み」
今回編んでいただくのは、直径約20cmの六つ目編みのかごです。竹の編組としては基本的なものと言われますが、ザル等に用いられる「ゴザ目編み」に比べるとぐっと難易度が上がります。今回は時間を少し多めにとって、じっくりと取り組んで頂きます。出来上がったときの達成感は格別です!取っ手は付けても付けなくても構いません。

 

NIPPON VISION MARKET「鹿児島の竹細工」
会期:2018年5月31日(木)~6月26日(火)

竹林面積日本一の鹿児島県では、昔から竹製品が日用品として使われてきました。今回は、薩摩川内市入来町にて親子三代に渡って竹細工に携わり、新しい世代に親しまれる製品の開発と伝統工芸品としての竹細工の普及に力を注ぐ「八木竹工業」、姶良市に工房を構え、竹細工をはじめ工芸品の制作や指導を行っている「柚木竹細工工房」、伝統工芸の継承・普及に取り組む「鹿児島市竹工芸振興組合」の、かごやキッチンツール、荒物を中心にご紹介いたします。
詳細はこちら

柚木 一徳(柚木竹細工工房)

鹿児島県姶良市にて竹をはじめとした伝統工芸の制作を行なう「柚木竹細工工房」の職人。竹細工指導員として伝統工芸を指導する教室も開催している。