相沢康夫 創作玩具展 “ SKB ” in SHIZUOKA

自身のテ?サ?インをネフ社、シ?ーナ社、エルフ社て?も製品化してきた他、全国の芸術大学、美術大学て?も教鞭をとる、静岡出身のおもちゃテ?サ?イナー相沢康夫氏。テ?サ?イナーとしてテ?ヒ?ューしてから四半世紀を迎える今年、これまて?の足跡を3つの切り口 (S=シロ、K=クロ、B=ハ?カ ) て?解説する、19年ふ?りの個展を全国11カ所て?開催しています。地元静岡の会場はここD&DEPARTMENT SHIZUOKAて?す。 代表作からその試作品、からくりや著書の原画、うまれたは?かりの未発表作品まて?約 50点を展示。実際に動かして遊へ?るコーナーもあります。2018年の夏はし?め、 静岡店か?相沢ワールト?に染まります!

相沢康夫 創作玩具展 “ SKB ” in SHIZUOKA

日程
2018/7/12(木)~16(月)
時間
11:30~19:30
場所
D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA Map D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA

●お問い合わせ:054-238-6678(D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA)

<関連企画> 7月15日(日)は、1日相沢康夫DAY!

パフォーマーとしてクリエイターとして、マルチに活動する相沢さんに迫ります!

 

<その1 積み木ショー> ※要予約

 

時間/10:30~11:30
参加費/大人500円、子供250円

午前中は積み木ハ?フォーマーとしての相沢さんの時間て?す。あっと驚くユニークて?チャーミンク?なハ?フォーマンスは、子供たちはもちろんの事大人も楽しめるものは?かり。 小さなお子様のこ?参加も大歓迎て?す。お誘い合わせの上と?うそ?!

 

<その2 “ひらめきスイッチ”を語る会> ※要予約

 

時間/18:00~19:00(19:00~番外編も開催)

参加費/大人2,600円(書籍「 ひらめきスイッチ 」付)※書籍をお持ちの方は1,000円

18時からはクリエイターの相沢さんに出会う時間。2017年発売の著書「発想力のアイテ?アBOOKひらめきスイッチ」をテキストに、テ?サ?インに隠された「ひらめき」や作品の制作秘話、おもちゃの魅力なと?を語ります。 保育に携わる方、学校の先生、テ?サ?イナー、美大・芸大生、ヒ?シ?ネスマン、子育て真っ只中の親御さん、相沢ファンetc …。せ?ひこ?参加くた?さい。ひらめきの小さなヒントか?得られるかもしれません!

相沢 康夫

1955年静岡市生まれ。おもちゃデザイナー、積み木パフォーマー、そして漫画家。30代でスイス・ネフ社の積み木に出会い、好きが高じて遂にはネフで自らがデザインした積み木をリリースしてしまった事が、おもちゃデザイナーとしてのスタートである。作品はその他ドイツ・ジーナ社など、主にヨーロッパで製品化されている。自称「遊びとおもちゃの弁護士」。芸術、美術大学などでの講義の他、遊びや保育に関する講演や園内研修などもライフワークである。主な著書『好きッ!絵本とおもちゃの日々』『おもちゃの王様』『ひらめきスイッチ』他、装丁、イラスト、共著多数。