D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ
47local

D&DEPARTMENT リサイクルコットン靴下

D&DEPARTMENT PROJECT

奈良県
カラー
アイボリー
サイズ

¥1,836(税込)

カートに追加

D&DEPARTMENT のオリジナル靴下は、少し厚めで、履き心地がよく、丈夫で長く使っていただけます。
素材には、国内で糸をつくる工程で出る「落ちわた」を使った「saredo」のリサイクルコットンを使用。さらに、太くて丈夫な糸を2本引き揃えることで、より強度が増し、傷みにくくなっています。さらに、国内でも数少ない旧式の編機を使い、「創喜」に製造していただきました。それにより、新しい機械には出せない表情や履き心地に仕上がりました。
またシーズンや性別を問わず履けるよう、編み方はリブ編みと天竺編みで、バランスの良い丈を選びました。
定番カラーは「ブラック」「アイボリー」「グレー」「インディゴ」の4色、数量限定カラーは発色の良い「レッド」です。

※「グレー」「インディゴ」はムラ染めのため色落ちしますので、ご注意ください。


株式会社萱澤商店/saredo
d design travel NARAで出会った「saredo」、彼らの持続可能なものづくりへの取り組みに D&DEPARTMENT が共感し、一緒に靴下づくりを行うことになりました。
萱澤商店は、1948年に奈良県大和高田市で創業した糸の卸会社。現在、取締役営業部長を務める萱澤有淳さん・良子さん夫妻が、2014年に立ち上げたブランドが「saredo」です。定番商品のリサイクルコットンは、国内の紡績工場で糸をつくる工程で出た「落ちわた」を100%使用し、独自の紡績方法で毛足の長い「落ちわた」だけで紡がれます。


株式会社創喜
靴下の一大産地、奈良県広陵町にある創喜は、1927年に靴下製造を始めました。1950年に約140社あった広陵町の靴下工場は、安価な輸入品が大量に流入したことで、現在は約50社になりました。最新の機械化が進む靴下業界で、創喜は人の手による工程の多い30~40年前の旧式の編み機を中心に使っています。創喜の編機で、丁寧に仕上げられる靴下は、新しい機械には出せない表情や履き心地を生みます。


素材
コットン(リサイクルコットン)90%、ポリエステル7%、ポリウレタン3%
お手入れ方法
・素材に合った洗剤を使用してください。
・平置き、または履き口を上にして吊るし、陰干ししてください。
・乾燥機の使用はお控えください。
・ゴムが伸びないように畳んで収納してください。
・「グレー」「インディゴ」はムラ染めのため色落ちします。他のものとの洗濯は避けてください。
メーカー
D&DEPARTMENT PROJECT

配送について

送料 500円

ネットショップメンバー10,000円以上で送料無料。
必ずログインした状態でご注文ください。
メンバーログインはこちらから

配送方法
宅配便・常温
受渡方法
軒先渡し
納品状態
完成品
配送指定可否
お届け日指定:可 / 時間指定:可
ラッピング
不可
支払い方法
オンラインクレジット / 銀行振込 / 代引き(現金)