D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

rewear_2018ss_main

d&RE WEAR

まだまだ着られるにも関わらず廃棄される服たちに、少しだけ手を加えることによって、再び着られるようにリサイクルしていくプロジェクト「d&RE WEAR」。


2018 SPRING SUMMER

シミや色あせなどで着られなくなってしまったお気に入りの服を、再び定番のアイテムとして蘇らせることができます。D&DEPARTMENTが考えるファッションのロングライフデザインの取り組みに、あなたも参加してみませんか。

受付期間

2018年4月5日(木)〜5月13日(日)

引渡日

8月上旬予定

飽きることなく着られる「黒」と「紺」、そしてシーズンカラー、計3色の中からお選びいただき、染め直します。2018年春夏のシーズンカラーは「ブリティッシュグリーン」。今年の流行色の一つであるグリーンの中から、英国車に受け継がれる伝統的なシンボルカラーを選びました。

特別受付 @d47 MUSEUM

「47 REPAIR & CARE」展の開催にあわせ、3日間限定で受付いたします。

受付期間: 2017年4月6日(金)〜8日(日)13:00〜17:00

場所: 渋谷ヒカリエ8階 d47 MUSEUM

d&RE WEARへ参加の前に

2018 AIZOME

受付期間

終了しました

引渡日

2018年7月末、引渡開始予定。
このページで告知いたします。

受付店舗

全国8店舗
北海道東京富山静岡京都福岡鹿児島沖縄

REWEARへの参加の前に

武州中島紺屋

約160年間に渡って藍染めの技術と文化を継承している埼玉県の「武州中島紺屋」が、藍染めの色味の中でも「縹(はなだ)」と呼ばれる色に染め上げます。藍色と浅葱色(あさぎいろ)の中間くらいの色合いで、春夏に美しく映えます。
染め直す物の素材や状態によって、仕上がりは変わります。植物染めならではの色と風合いをお楽しみください。

in ギャルリももぐさ

岐阜県「ギャルリももぐさ」で開催される「ナガオカケンメイ展」の会期中、特別に会場でd&RE WEAR の受付をいたします。シミや色あせなどで着られなくなってしまったお気に入りの服を、再び定番のアイテムとして蘇らせることができます。D&DEPARTMENTが考えるファッションのロングライフデザインの取り組みに、あなたも参加してみませんか。

場所

岐阜県 ギャルリももぐさ

受付期間

2017年12月9日(土)〜12月24日(日)

引渡日

3月10日(土)より

ギャルリももぐさにてお渡しとなります。

飽きることなく着られる「黒」とシーズンカラーのどちらかをお選びいただき、染め直します。シーズンカラーは「フォレストグリーン」。2018年春夏までトレンドが続くアースカラーを意識し、森の中のような緑を選びました。

d&RE WEARへ参加の前に

ナガオカケンメイ展
もうひとつのデザイン

2017年12月9日(土)〜12月24日(日)

世の中にとって「新しい」ことは必要です。しかし、それは「真っ新な材料で作らなくてもできること」です。この企画展では、7つの「新しく作らない」発想で作ったものを通じて、もうひとつのデザインの生まれかたを感じて頂けると嬉しいです。(ナガオカケンメイ あいさつ文より)

●ナガオカケンメイのこれまでの活動をD&DEPARTMENTを通して俯瞰する、展示販売。詳しくはこちら
●展覧会開催を記念して書籍の出版が決定。ご予約受付中

d&RE WEAR

REWEARのサイクル図

d&RE WEARは、ロングライフデザインの考え方をファッションで表現する活動です。

2014年11月に虎ノ門にあるビルの一室で、私たちが新たに提案した「染め」によるリサイクルプロジェクト「d&RE WEAR」。目まぐるしく流行が移り変わり、消費のサイクルが速く、廃棄が社会問題化しているファッションというジャンルにおいて、ロングライフデザインという考え方を、どのように反映させていくことができるのか、新たなチャレンジとなります。

EXHIBITION @ 虎ノ門 2014.11.14−24