D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

pp-gift2018_main

P to P GIFT 2018

Problem to Product Gift

2017年11月30日(木)~2018年2月4日(日)
d47 MUSEUM

47都道府県の地域問題から生まれた製品を観よう、贈ろう

d47 MUSEUMでは2012年の開館以来、「旅」「グッドデザイン賞」「クラフト作家」「子どもの道具」など、様々なテーマで47都道府県の個性を紹介してきました。第20回目となる今回は、2013年に「47 GIFT」として開催したギフトシリーズの第二弾として「P to P GIFT 2018 Problem to Product Gift」を開催します。
今、日本のものづくりは技術や品質の高さだけでなく、いかに無理なく次の世代に繋ぐかという「循環」に注目が集まっています。サステイナブルやエシカルという言葉も様々な分野に広がりを見せるなか、日本各地の地域問題に対して循環していく仕組みで解決しようと生まれた製品を「P to P(Problem to Product)」として紹介します。
例えば、規格外で捨てられてしまう果物を活用したジュースや、森林環境を守るための間伐事業から生まれる精油、落ち綿を糸にしてつくる靴下、木桶技術を残そうと自ら木桶づくりに取り組む醸造家の醤油など、環境、資源、人材、技術を循環、継続させる「活動的なものづくり」が、これからの日本のものづくりのスタンダードになるという考えから企画しました。
また、「活動的なものづくり」を「ギフト」というリアルな需要に照らし合わせて紹介することで、その取り組みだけでなく、製品そのものとしての魅力を感じていただくと共に、「贈る」という昔から長く続く季節の習わしや、お世話になった方への感謝の気持ちを「ギフト」に託して伝えるという、素敵な行為そのものを再認識していただく機会になればと思います。

d47 MUSEUM 副館長 黒江美穂

選定基準

日本各地の地域問題への取り組みを広く知っていただくため、
下記を基準に選ばせていただきました。

1. その土地らしい資源や技術などが使われていること

2. 循環を考え、継続性のあるものづくりから生まれた製品であること

3. デザインの工夫があり、自身の取り組みを発信していること

開催概要

P to P GIFT 2018
Problem to Product Gift
2017年11月30日(木)~2018年2月4日(日)

入場無料
会場:d47 MUSEUM ※12/31 は18時まで、1/1 休館
時間:11:00〜20:00(入館は19:30まで)
主催:D&DEPARTMENT PROJECT
お問い合わせ:03-6427-2301(d47 MUSEUM 事務局)