D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

mori

森正洋の言葉と器

およそ半世紀にわたって日本の暮らしを見つめ、食卓に並ぶ器のデザインを考えつづけた、陶磁器デザイナー・森正洋。「日常の生活で使う器を考え、形を創り工場で生産することにより、多くの人々とともに共有し生活することに、デザインの喜びを感じる」。確たるポリシーのもとに生み出された彼のデザインは、多くが今も生産されつづけ、ロングライフ製品として愛されています。


森正洋(もりまさひろ)

1927年、佐賀県生まれ。1960年に第1回グッドデザイン賞を受賞した「G型しょうゆさし」を筆頭に、数々の国際的なデザイン賞を受賞する。1978年に同社を退社後、森正洋産業デザイン研究所を設立。広く後進の育成に励んだ。2005年、永眠。

「なにを作りたいかというよりも、いまの世の中にはなにが必要なのか、
なにを作るべきなのか、それをずっと考えているんだ。」

ー「森正洋の言葉。デザインの言葉。」美術出版社 刊 より

ナガオカケンメイ企画制作、
森正洋の言葉の本。

森正洋の言葉。デザインの言葉。
森 正洋を語り・伝える会 (著)、ナガオカケンメイ (企画)、美術出版社 刊

¥-(本体価格 ¥1,800

森正洋が「ものをつくること」「デザイン」「生活」「社会」について語った、真摯で熱い85の言葉を選出。仕事をともにした白山陶器のスタッフや仕事仲間、教え子へのインタビューも掲載しました。生涯をかけて普遍的なデザインを生み出しつづけた森の、デザインに対する考えに触れる1冊です。

「生活が変わっているのに、ものだけ変わらないなんてことはない」

ー「森正洋の言葉。デザインの言葉。」美術出版社 刊 より

森正洋デザインの集大成、
新しい形の”お茶碗”

大ぶりで浅く、碗の内側が平らなお茶碗です。深めの茶碗には冷めにくい利点がありますが、暖房の発達した現代では料理が冷める心配が無いことからデザインされました。平形なのでかき込みやすく、内側の柄も楽しめます。

平形めし茶碗

¥-(本体価格 ¥3,000

ネットショップ定番の4色

森正洋の器展で好評だった4色をご紹介します。放射線状に柄が入った2種類と総柄の2種類。一見、器の柄が強く見えますがおかずを盛った時の彩りが良く、食卓に馴染みます。

普通の茶碗よりも大きめ

一般的な茶碗が直径12cm、平形めし茶碗の直径は15cm。径が大きく平らな形をしています。

安定感のあるフォルム

茶碗の縁と底に指を当てると、ちょうど片手に収まる大きさ。持った時に安定します。

豊富な色柄バリエーション

長年の釉薬データを元に開発された、多彩な色柄。バリエーションは300種類に及びます。

ギフトとしてもおすすめです。

平形めし茶碗GIFT

各¥-(本体価格 各¥7,100

おすすめの2種類をペアにして、D&DEPARTMENTオリジナルのギフトボックスに納めました。 平めし茶碗について紹介している「ストーリーカード」を一緒に入れて、大切な方へお届けします。

「完成されたものをまねて、そこから何がうまれるの」

ー「森正洋の言葉。デザインの言葉。」美術出版社 刊 より

1958年からつづく、
ロングセラーの形

陶磁器製の醤油さしに機能的でモダンなものの無かった1950年代に誕生。磁器の素材感、醤油さしとしての機能、日本の生活様式が融合し、完成したデザインです。

G型醤油さし

¥-(本体価格 ¥1,400〜)

指にフィットする形

上方にくびれがあるため、しっかりと握れます。また底が広いので置いた時に安定します(写真は大です)。

たれにくい注ぎ口

差し口の大きさや形、口を切る角度を調節しました。見た目も美しく衛生的に使えます。

出す量を調節できるフタ

フタのツマミ上部の空気穴に指を載せると、醤油が出てくるスピードを調節できます。

「形や色は言葉と同じ。作って来た製品はすべて僕の言葉なんだ。」

ー「森正洋の言葉。デザインの言葉。」美術出版社 刊 より

その他の森正洋デザイン

M型コーヒー カップ&ソーサー

¥-(本体価格 ¥3,000

「飽きのこない、デザインが美しい器」という考えをもとに1973年に誕生したコーヒーセットで、カップとソーサーをセットした形でスタッキングが可能です。一度廃番になりましたが再販の要望が高く、近年復刻されました。

ひめとんすい 白磁

¥-(本体価格 ¥900

おつまみやデザートなどの盛り付けが映える、手のひらに収まるサイズの小鉢です。段々になった彫が温かみのある表情を生み出し、縁の茶色のラインが全体をきりっと引き締めます。洋食や中華などにも合います。

深めん丼 5寸 青磁

¥-(本体価格 ¥1,800

白山陶器の定番として長年売り続けられている器です。約1300℃という高い焼成温度で焼き上げられるので強度に優れ、業務用としてもおすすめできます。スタンダードなどんぶり形なのでご飯ものはもちろん、うどんやお蕎麦といった麺類との相性が良い器です。