D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

tatsunoleather_main

TATSUNOレザーのマルニ60オークフレーム

2018年にマルニ木工は創業90周年を迎えます。その記念モデルとして、マルニ木工の原点とも言えるオークフレームチェアに、変化を楽しみながら長く使っていただける、オイルレザーのシートが登場しました。育てる過程を楽しみ、変化する味わいを楽しむ、特別なシリーズです。


4色のレザー×4種のフレーム

1シーター

¥-(本体価格 ¥131,000〜)

2シーター

¥-(本体価格 ¥266,000〜)

3シーター

¥-(本体価格 ¥397,000〜)

オットマン

¥-(本体価格 ¥70,000


レザー

ブルー

ブラック

ナチュラルブラウン

ブラウン

革は長く使うための選択

ナガオカケンメイ
(D&DEPARTMENT PROJECT)

革を選ぶということは、長く使い続ける意志表明のようであり、椅子やバッグを買いながら、未来のこれからの自分の時間を買うような感覚もあります。多くのものに流行という賞味期限があるなかで、革はそこにはいない素材。だから、歴史的に「続く」ための建築や道具の多くは、革張りを選択するのでしょう。自分の代で使えなくなるイメージがわかない素材。なじんでいくという特性がある素材。自然、不自然でいうなら、自然な素材なのかなと、思います。僕の家の家具の半分は革張りです。その個人的な理由は体温、伸縮の馴染み方にあります。それは明らかにテキスタイルにはない、そして、できない機能だと思います。そして、使い続けるために手入れが伴うということも、また、生活の質を上げている感覚をわかりやすくしてくれます。手間をかけて手入れする自分の生活の一部。その時間やそうしたことで上質さを保つことが、自分の生活の質の向上とリンクするのだと思います。

TATSUNOレザーとは

TATSUNOレザーは、兵庫県たつの市で生産されている皮革のこと。 兵庫県で生産される皮革素材は、全国シェアの70% を誇り、その大半をたつの市が占めています。

皮から革へと変化させる工程は複雑で手間もかかります。たつの市には腕のいい職人や加工技術に加え、揖保川の水、気候の良さなど皮革業が成長する条件がそろっている場所です。

ご購入の前に

オイルレザー

オイルレザーとは、皮革をなめす*際に、多量のオイルを染み込ませ、よりしなやかにして耐久性を増した皮革のことです。 使い込むほどに、風合いが変化し味わい深くなっていきます。

*タンニンなめし:植物から抽出した渋を、皮革のたんぱく質と結合させてなめす方法。皮革の伸縮が少なく、型崩れしにくいという特徴がある。

ナチュラルマーク

天然皮革には、皮革本来のナチュラルマークと呼ばれる傷や染みがそのまま残っています。自然な風合いや経年変化を楽しんでもらいたいという思いから、あえてナチュラルマークを隠さずに使っています。また、皮革の一枚一枚や同じ一枚でも、部位によって個体差があります。一点一点違う表情をお楽しみください。

販売期間と納期について

マルニ木工90周年限定商品のため、2018年12月31日までの期間限定販売です。
TATSUNOレザーシリーズは受注生産品のため、ご注文から約3か月後のお届けとなります。

日々のお手入れ

ふだんは柔らかい布地で乾拭き。3~6か月に一度、皮革専用のクリームなどで適度な油分を与えれば、皮革の傷み具合が軽減されます。「TATSUNOレザー」にご使用いただけるケアキットがおすすめです。

オレオーザキット

¥-(本体価格 ¥5,200

購入はこちら

取扱店舗