D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

maruni60_s

マルニ60

木工家具の歴史を守りものづくりの未来を考える

マルニ木工は1928年広島県に創業しました。国内でいち早く高度な曲げ木の技術を確立し、それまで手工業の域を出なかった木工家具に家具の工業生産を開始します。戦後、新種の木材や乾燥技術など世界中から先進的な方法を学び、日本の木工技術革新の牽引役となりました。2004年「次のマルニ」に向けての挑戦として「ネクストマルニ」を開始し、2006年、60VISIONに参加します。マルニはロングセラーを守りながら、新しい方向にも目を向けている木工家具メーカーです。


復刻のマルニ60と
現代のマルニ60+

マルニ60は、マルニが60年代に生産した家具を復刻した商品です。オークフレームチェアがそれにあたります。60年代に作られたオリジナルは「宮島」という椅子でした。椅子のフレームを、宮島にある厳島神社の鳥居をモチーフにしたことからこの名が命名されたそうです。そして過去の復刻ではなく、マルニのDNAを引き継いで新しく作られた商品を、マルニ60+(マルニロクマルプラス)としています。


木工家具だから、
木目の美しい素材を選んでいます。

マルニ60の家具はオーク材を使っています。オーク材は堅くはっきりとした木目が特徴です。特に柾目(まさめ)※に木取ると虎の縞模様に似た美しい模様が現れます。マルニでは計画伐採されたオーク材を使用しており、材料から地球環境に配慮しています。
※柾目とは丸太の中心から放射状に切った板材のこと

デザインだけじゃない
購入後のケアもロングライフです

マルニ60の商品は最長10年間の品質保証がついています。お買い上げ後3年間は無料で保証。さらにユーザー登録をすると無料保証後も7年間ユーザー価格で保証が受けられます。マルニの家具と末永くおつき合いいただくためのロングライフなサービスです。