D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

karimokumain

カリモク60

60VISION最初の参加企業

カリモク家具株式会社は1940年愛知県に創業しました。戦前戦後を経て、ミシンのテーブル、ピアノの鍵盤、テレビの木枠などを生産し高度な木工技術を身につけます。その後アメリカの輸出家具用に木肘の生産を開始し、家具製造の技術を習得しました。60年代に入り初めて自社製品としての家具を製造します。この時生まれたのがKチェアでした。その後も次々と新しい家具を作り、2002年には60VISION第一号企業となります。現在は海外への出展も意欲的におこない国内外を問わず活躍を続けています。


ナガオカケンメイの情熱が生んだ、カリモク60

オープン当時のD&DEPARTMENT DINING TOKYO

実はあまり知られていないようですが、カリモク60誕生のきっかけは、2000年、D&DEPARTMENT PROJECT起ち上げの際「自分の店でKチェアを売りたい」と問い合わせたナガオカの行動から始まります。無名の小さな店にカリモクが直接取引をすることはなく交渉は難航。それでもなんとか仕入れさせてもらい、その後売り上げの実績を生んだことで直接取引ができるようになります。
その後もナガオカは「Kチェアと60年代から作り続けている家具を「カリモク60」というブランドにしたい」とカリモクに呼びかけます。その提案は一度は賛同を得たもののなかなか実現に向かいませんでした。しかしナガオカは粘り強く提案を続け、実に2年越しでその想いは実り「カリモク60」が誕生したのです。

ナガオカケンメイ

D&DEPARTMENT PROJECT 代表。2002年「日本のものづくりの原点商品・企業だけが集まる場所」としてのブランド「60VISION」を発案。同年カリモク60をスタートさせた。


カリモク60を代表する家具
Kチェア

1963年の誕生以来、変わらないデザイン。日本の住宅に合わせて設計されたコンパクトなサイズは、現代の居住空間にも通じます。

Kチェアについて詳しく見る

応接間からリビングへ
進化するロビーチェア

誕生は1968年。当時は2サイズ2色展開でした。カリモク60の立ち上げから4色となり、お客様の声を受けて2シーターが登場。リビングで長い時間を過ごす現代に合わせ、シートの素材を改良するなど時代と共に進化するソファです。

ロビーチェアについて詳しく見る