d design travel

d design travel

ロングライフデザインをテーマに活動する私たち D&DEPARTMENT PROJECT が、47都道府県それぞれにある、その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点から選びだして、観光ガイドとしてまとめたものが「d design travel」です。


編集の考え方。

感動しないものは取り上げないこと。本音で、自分の言葉で書くこと。

問題があっても、素晴らしければ、問題を指摘しながら薦めること。

取材相手の原稿チェックは、事実確認だけにとどめること。

ロングライフデザインの視点で、長く続くものだけを取り上げること。

写真撮影は特殊レンズを使って誇張しない。ありのままを撮ること。

取り上げた場所や人とは、発刊後も継続的に交流を持つこと。

取材対象選定の考え方。

その土地らしいこと。

その土地の大切なメッセージを伝えていること。

その土地の人がやっていること。

価格が手頃であること。

デザインの工夫があること。


d design travel 発行人
ナガオカケンメイ

1965年北海道生まれ。2000年デザイナーが考える消費の場を追求すべくデザインとリサイクルを融合した新事業「D&DEPARTMENT PROJECT」を開始。2009年d design travel創刊。


47都道府県に1冊ずつ。

47の日本を1か所ずつ、1冊ずつ、発刊していきます。

最新号

d design travel 山形

「スロー」でも「ロハス」でもなく、
山形県は「うけたもう!」

羽黒山伏たちは、修行で山に入ると、先達に何を命じられても返事は「うけたもう!」のみ。何事も受け入れて、混乱や拒否はしない。山形県は、現在の様々な問題を長のばしさせずに、過去から培ってきたものを生かして応用し、じっくり時間をかけることもあるが、それまで以上の未来を確実に実現させていく。一見、のんびりしているようにも見えるが、絶対に負けない、力強い県と県民だ。

d design travel 福岡

やっぱりロックンロールやね。

福岡県は、論客、用なし。自分が本当だと信じることを追求し続ける。インディーズであろうと、頑固に、正直に、もう明日なんて来ないみたいに一所懸命に――そういう人のことを、〝山笠に生きる博多の人々〟は「のぼせもん」と呼ぶ。格好いいとか、センスがいいとか、勝負に勝てるかなどは、本筋ではなく、大切なのは、「のぼせられるか、どうか」だ。

d design travel 佐賀

佐賀県には夢がある。

佐賀県には、多くの、古い、物や事、技術、自然が、遺っています。ただ古いだけじゃなく、それらは今も生き生きとして、当時のままに蘇ったり、新生したりします。祭り、焼物、遺跡、食文化----そこに必ずデザインがあり、昔の人も、現在の私たちも、未来に生きるだろう人も、なんとなく繋がっている気がする。知れば知るほど、本当、夢みたいな土地だった。

d design travel 富山

どうしようもないほどの大自然が
デザインしてくれた都市。

富山湾に流れ込む7つの大河川、そして立山連峰――固有の地形を持つ大自然の脅威と恵みのどちらをも味わってつくり上げた"自分たちの環境"を、流行や権威などに奪われることなく保ちたい。一言でいうと、ピュア、もしくは、ナチュラル――富山県のデザインは、地下深く染み込んで都市に湧く純水のようだ。

d design travel 沖縄

沖縄は日本の「観光」の未来を
探る先達だと思う。

悪弊を隠すのではなく、日常の中で見せて伝える。そして、無闇にわかりやすくするのではなく、等身大のまま見せて考えてもらう。沖縄に自然体を感じるのは、そのやり方を熟知しているからだと思う。そして、現代人が沖縄に魅了される強い理由は、実は、そこにこそあると思う。

d design travel 山口

「詩」の座布団に座って、
新しさを考える。

どんな旅でも、どんなことでもそうだが、「その根底に何があるか」がとても大事だ。いろんな取材先に思いを巡らせてみて、そして、思った。山口県のさまざまな底には「詩」があるなぁと。時には、それを「文化」と呼ぶのかもしれないが、山口県は「詩」の座布団を敷いて、その上に座り、いろんなことを考えて実行する、素敵な場所だと僕は思う。

d design travel 東京

実は、揺らぎのない意思を持つ
東京。

江戸の古地図を思考のベースに据えて、現在の東京を見ると、何も考えないでつくられているかのような東京の街が、少しだけ愛らしく見えてくる。そして、そんな想いで東京全体を眺める時、「東京らしさ」がぼんやりと見える。30年間、特に意識しないで暮らしていた街「東京」の理由が、今更ながらに、猛烈に面白くなってきた。

d design travel 山梨

山梨はどこにも似ていない。

日本のほぼ中央に位置し、甲府盆地の他は、その大部分が山である。おいしいパン屋も、よい温泉宿も、信じられないくらいおいしい蕎麦屋も、道路に小さな看板を出すくらいで、他に何もしない。山梨はどこか控えめながら、わかる人にだけ理解されればいいのさと、清く清しく笑っているような県である。

d design travel 栃木

観光に、正直さと、デザインを。

栃木県は、南東北だ。豊かな自然と東京へのアクセスのよさ、その両方を併せ持ちながら、独特のバランス感がある。海のない栃木は、山と川と土と、太陽と四季と農産物。都会的で奇抜なクリエーションはないけれど、何か腹の底からジーンとくる、根源的な創造力を持っている。

d design travel 静岡

「やらまいか」という気質。

ステージは、静岡になくてもいい。それは東京に任せておいて、オリジナルで新しい、日本中がびっくりするようなことを考えようぜ。そんな力のある県。そう感じる。そういえば、昔から静岡の人には「やらまいか」という気質がある、って誰かに聞いた。なんでもやってみようという人格が、僕の中で楽しく浮かび上がる。

d design travel 長野

改革と教育の県のように思う。

養蚕業で日本一の業績を誇った自信と、8県に接する地域ごとの文化・風土。それらが輸送技術でつながると、地域ごとの異文化を認め合うバランスを手に入れた。長野オリンピックを機に新幹線が開通すると、「長野は東京だ」と宣言。2000年には「長野から日本を変える」と言い出す。長野は、とにかく改革の話題が多いのだ。

d design travel 大阪

意気でおもろいところ。

真面目に働いて、永く商売を続け、励まし合って、みんなで生きている街。よく大阪の人は、「大阪でデザインなんて格好つけてたら、食べていけない」と言う。大阪のデザインは、だから「わかりやすい」ことが前提にある。それは、「商売」に使えなくては意味がないからだ。

d design travel 鹿児島

鹿児島はあたたかい。

鹿児島はごちゃごちゃしている。鹿児島はのんびりしている。気取ったところもない。鹿児島には人柄がある。そんなこと、あまり他の県に行って感じたことがなかったから、なんだろう、住んでいる人の独特な意識が、ひとつになって、大きな鹿児島をつくっているような気がする。

d design travel 北海道

北海道は大きい。

いろんな日本の土地を巡ってみて思う。北海道は大きい。そんなことはわかっている、と言われそうなこれを、ベースに置くか置かないかで、北海道の楽しみ方が大きく違ってくる。若い人の考えも、建物の建て方も、時間の使い方も...。

d design travelの最新情報はこちら

D&DEPARTMENT PROJECT
ページトップ