D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

kumamoto

熊本県立美術館

2015年2月17日 公開

めぐる季節と、名品たちを愉しむ空間 休日の度に足を運ぶ、大好きな場所がある。それは、熊本城の二の丸広場内に、豊かな緑と調和して建つ「熊本県立美術館」だ。企画展だけでなく、細川藩に代々伝わる古美術品や、堅山南風や坂本善三といった熊本県ゆかりの画家の作品、「エコール・ド・パリ」の傑作群など、常設展が充実している。美術館の建築と空間、そのものにも魅了されている。前川國男による建築の特色の一つ、打ち込みタイルの外壁がいい。美術館中心にある吹き抜けホールは、柔らかい自然光で満たされ、大きな窓から見える広場の四季は名絵画のようだ。ホールの椅子に座り、本を読んで過ごす。賑やかな中心街近くに、この静謐な空間があることを、心から嬉しく思う。(長﨑健一/上通り「長崎書店」)