D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

milkmura

アイスクリームBar HOKKAIDOミルク村

  1. アイスクリームと130種のリキュール類、隠れファンの多い札幌名所は驚くべき専門店。

まず店の入り口がすごい。乙女チックな雰囲気に男性なら入店を戸惑ってしまう。ドアを開けると、すぐ横で可愛い動物型のクッキーが鉄板で温められている。店内は薄暗く、カウンターの頭上には星空のような照明。だがメルヘンな内装とは裏腹にスーツを着た男性だけのグループがいる。カップルもいれば、女性だけのグループも。店内は、まるで遊園地にいるような不思議な一体感と笑顔に包まれている。それもそのはず、ミルク村は大人のお酒を出すバーなのに、必ずアイスにそのお酒をかけて食べるというシステムなのだ。なるほど、カクテルアイスクリームBarとうたっているのも頷ける。基本のAセットはアイスとリキュール2種類にコーヒー、手作りの小さな洋菓子など。リキュールは2.5ccほど。スプーンですくったアイスにひたすらリキュールをかけては口へ運ぶ、その繰り返し。お楽しみは1人に2種類だから4人で行けば8種類のリキュールを楽しめること。スプーン1杯分の食べ比べの妙に、性別や年齢に関係なく思わず誰もが夢中になってしまう。アイスにかけると強いアルコール特有の「喉にくる」感がほとんどないので、お酒がダメな人が楽しめるところも嬉しい。百聞は一見にしかず。とにかくこの唯一無二なスタイルを体験してみてほしい。おすすめはプラス料金を払ってでも挑戦してもらいたい最高級酒シリーズ。ヘネシー・リシャールやレミーマルタン・ルイ13世など、ボトルで数十万円の超高級酒を口にできるチャンスだ。(三浦正嗣)