D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

dschool_kimchi

d SCHOOL 「わかりやすいキムチ作り」

作業時に着用するエプロンをお持ちください。当日作ったキムチを持ち帰る用の容器がある方はお持ちください。
またソウル店でも保存容器の販売をしており、当日の購入も可能です。
(20cmx20cmx20cm 6リットル容量程度で蓋付き、販売価格15,200ウォン)

お問い合わせ:+82-2-795-1520(ソウル店)または d-seoul@mmmg.net ※日本語可能

定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

韓国人の食卓に欠かせないソウルフード「キムチ」。昔から韓国では毎年本格的な冬を迎える前になると、キムチ作りの準備で忙しくなります。いまでも各家庭ごとに一年分のキムチを作る文化は続いていますが、それでも、親戚、ご近所さん同士が集まりみんなで一緒にキムチ作りを行う昔ながらの風景は、最近では以前のようには見られなくなってきています。
この11月にオープン4周年を迎えたソウル店、この4周年を記念したイベントとして、ソウル店でみなさんと一緒にキムチ作りを開催することになりました。キムチ作りの先生は、韓国伝統菓子店「合(ハプ)」のシン・ヨンイルさん。韓食のシェフとしても活動されていたシンさんを講師に迎え、わかりやすく、そして楽しく、キムチについて学びます。当日キムチ作りのあとは、韓国でもキムチ作りの日にしか食べることができない料理、「スユッ(蒸し豚)」とマッコリを、浅漬けキムチと一緒に食べながら、参加者同士の交流会も行う予定です。
韓国のロングライフ食品、キムチ。今回は特別に日本人向けに開催します!いまや日本でも日常的に食べるキムチですが、手作りしたことがある人は多くないのでは。秋のソウル旅行にあわせて、韓国の発酵文化に触れてみませんか。

%e1%84%89%e1%85%b5%e1%86%ab%e1%84%89%e1%85%b0%e1%84%91%e1%85%b3%e1%84%82%e1%85%b5%e1%86%b7

シン・ヨンイル

韓国伝統菓子店「合(ハプ)」オーナーシェフ
ファッション業界にて従事後、韓国伝統餅業界に飛び込んだシン・ヨンイルさんは、韓食シェフとしても活躍。オリンピックの韓国料理代表シェフや、日本で展開していた韓国料理店「高矢禮」をはじめとするレストランでヘッドシェフを務める。現在はソウル清潭洞(チョンダムドン)にて菓子店「合」、「コムル」のオーナーでもある。長い海外生活を通じて、韓食シェフとして活動しながらも、伝統菓子作りへとたどり着き、顧客が納得する美味しいスイーツ作りに邁進している。