D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

three_fix

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた – Off-Grid Life -オープニングトーク

主催:d47 MUSEUM(D&DEPARTMENT PROJECT)

お申し込み方法:下記お申し込みフォームより。またはd47 design travel store(渋谷ヒカリエ8F)店頭にて承ります。

お問い合わせ:d47 MUSEUM(03-6427-2301)
お申し込みフォームはこちら

定員に達しましたので受付を終了させていただきました。

d47 MUSEUM 第19回企画展「NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた - Off-Grid Life -」を記念し、伊藤菜衣子(暮らしかた冒険家)・後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION/『THE FUTURE TIMES』編集長)・竹内昌義(建築家/東北芸術工科大学)のキュレーター3名によるトークセッションを開催。今回の企画に関する思いや、展覧会の見どころなど、3人それぞれの取り組みも紹介しながら、お話ししていきます。

saikoito

伊藤菜衣子 (暮らしかた冒険家)

広告制作を生業とする傍ら、暮らしにまつわる常識を再構築する冒険中。キャンプ場で1泊2日の総勢100名が参列したDIYな結婚式「結婚キャンプ」、築100年空き家期間17年の熊本市の廃墟をセルフリノベーションした「弊町家」、ギャランティの支払いに通貨以外の選択肢をつくる「物技交換」、などを試みる。「君たちの暮らしはアートだ」と坂本龍一ゲストディレクターに指名を受け、札幌国際芸術祭2014にて札幌に引っ越して暮らす「hey,sapporo」を発表。21_21DESIGN SIGHT企画展「雑貨展(展覧会ディレクション 深澤直人)」参加。2017年初監督作品映画「別れかた暮らしかた」を発表。編集と一部執筆を手がけた『あたらしい家づくりの教科書』など。

masafumigotoh

後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION/『THE FUTURE TIMES』編集長)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。これまでにキューンミュージック(ソニー)から8枚のオリジナル・アルバムを発表。2010年にはレーベル「only in dreams」を発足させ、webサイトも同時に開設。また、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞『THE FUTURE TIMES』を編集長として発行するなど、 音楽はもちろんブログやTwitterでの社会とコミットした言動でも注目されている。ソロアルバムに『Can’t Be Forever Young』やプロデューサーに元Death Cab for CutieのChris Wallaを迎え バンド録音を行った2ndソロアルバム『Good New Times』を発表。また著書に『何度でもオールライトと歌え』(ミシマ社)『YOROZU〜妄想の民俗史〜』(ロッキング・オン)他 。

masayoshitakeuchi

竹内昌義 (建築家/東北芸術工科大学)

1962年 神奈川県生まれ。1995年みかんぐみ共同設立。
現在、東北芸術工科大学教授。大学でプラスエネルギーハウスの山形エコハウスを設計。作品に山形エコハウス、House-M(2013年JIA環境建築賞最優秀賞)、House-Hなど。岩手県紫波町で57区画のエコタウンの監修。2017年エネルギーを少なくして、豊かなまちを作るために、エネルギーまちづくり社設立。著書に『未来の住宅/カーボンニュートラルハウスの教科書』『図解エコハウス』『原発と建築家』『日本のカタチ2050』『あたらしい家づくりの教科書』など。

offgridlife_1004x669

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた - Off-Grid Life -

47都道府県をテーマにしたミュージアム「d47 MUSEUM」にて8月3日(木)から10月9日(月・祝)まで開催する企画展。
住まい・食べもの・エネルギー・働きかた・流通・まちづくりなどに関わる多種多様な暮らしかたを実践している方を、各都道府県から1人ずつ紹介。未来の暮らしのスタンダードを探る展覧会です。
詳細はこちらから