D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

015

燕市産業史料館

2017年3月3日 公開

燕三条の産業を学べる場所 
燕市産業史料館では、燕三条で金属加工業が発達した歴史やカトラリーの作り方を学ぶことができる。日本にカトラリーを使う文化が広まる背景や、スプーンやフォークの先祖とも考えられる木製杓子や石匙の展示など、日本のカトラリー文化の情報を燕三条のものづくりを通して手に入れられる。また、日本人が初めて触れた金属洋食器のデザインやロングセラーのコーヒーポット、燕の金属加工業の原点である「和釘」の展示も見ることができ、これらがとても魅力的である。普段目にする生活雑貨を、美術品の目線で楽しめる、“金属加工品の美術館”だ。(山﨑修平/d47 design travel store)

本文の内容は、『d design travel SAITAMA』掲載時(2017年)のものです。