D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

%e4%bb%8f%e5%85%89%e5%af%ba2%e6%9c%88

本山佛光寺 今月の標語(2017年2月)

2017年2月2日 公開

歩いてくる 子どもたち はく息が 白く広がる

こんなにも たえ間なく 息をして 生きている

一年でもっとも寒い冬、2月。京都でも雪が降りました。寒いのを我慢して朝の支度をし、足早にお寺に向かっていると、子どもたちが元気に笑い、白い息を吐きながら歩いているのを見かけます。

毎日朝が来て目覚め、夜になり眠りにつく。毎日繰り返していると、当たり前じゃないことが、当たり前に感じてきてしまい、いつの間にか今生きてるという事さえ忘れている私がいます。生きるということ、生かされているという大切なことを、この標語はそっと教えてくれている気がします。冬なのに、なんだか心がじんわり暖かくなります。

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学 井上香織