D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

005_2015%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%ab%a0_%e5%a5%88%e8%89%af%e5%8f%b7

全国花火競技大会 

2016年11月25日 公開

日本最高峰の花火職人たちの業

毎年8月に開催する日本三大花火大会の1つと称される「大曲の花火」、別名「全国花火競技大会」。1910年から始まった花火職人自らが打ち上げる花火のコンテストで、全国の花火師が技を競う場だ。観客は、雄物川を挟んだ桟敷席から見上げ、視界一杯に飛び込んでくる色彩豊かな光は、形状を捉える間もなく、その迫力に圧倒される。約6分も続く打ち上げ花火に言葉を失い、最高潮時に上がる「しだれ柳」は大輪で、火の粉は消えにくく、いつまでも美しい。(薗部暁子/d47 design travel store)

本文の内容は、『d design travel NARA』掲載時(2016年)のものです。