D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

033okayama

フィールド オブ クラフト 倉敷

2015年2月26日 公開

建築家が企画するクラフトフェア 今、各地でクラフトフェアが盛んだ。その一つ、フィールド オブ クラフト倉敷は今年で5年目を迎えた。特色は、まず企画の中心メンバーの大半が建築家であるということ。つぎに「公募ではない=企画展」であること。建築家が考えたクラフトフェアは、手仕事を通して暮らしそのものを見つめ直す場づくり、手仕事を次世代に伝える事、に主眼を置いている。出展者は選定委員が選ぶ。自分たちが惚れ込んだ作家に一人ひとりに依頼するのはある意味、公募制よりも労力がいる。会場ではワークショップを開催し、手仕事の息吹を感じてもらえるような場所を設定している。出展者80人という枠は、無理なく楽しめる、ちょうどよい大きさだ。毎年5月開催。(日野)