D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

d_medicalsmock_20180508-01

MEDICAL SMOCK FROM LIFESTOCK

2018年5月17日 公開

生地産地の個性とものづくりを伝えるライフストック(生きた在庫)活用プロジェクトFROM LIFESTOCK。

今回、沖縄宜野湾市に工房、店舗を構えるLEQUIOの自社ブランド”MADE IN OCCUPIED JAPAN”のMEDICAL SMOCKシャツのパターンをそのままに、ライフストック生地を使用したシャツ、MEDICAL SMOCK FROM LIFESTOCK(メディカルスモックフロムライフストック)を販売します。MEDICAL SMOCKは、 米軍の医療用制服の生産性を重視した簡素な作りを、丈夫で見た目にも美しい仕立てに再構築したシャツ。 肩と腕周りが動きやすいようパターンが切り返えされていて、普段着だけでなく作業着としても活用できます。 沖縄店数量限定販売となり、サイズは定番同様、S・M・Lの展開。S・Mサイズは女性の方へもおすすめです。
ぜひ、定番のMEDICAL SMOCKと共に店頭でご覧ください。

medicalsmock-okinawa01

 

限定カラー:ブルー・ギンガムチェック・ストライプ・ホワイトストライプ・ライトブルーストライプ

取扱店:D&DEPARTMENT OKINAWA

定番カラー:ホワイト、ネイビー、ライトブルー

取扱店:D&DEPARTMENT OKINAWA、D&DEPARTMENT TOKYO

 

LEQUIO /MADE IN OCCUPIED JAPAN

ブランド名の”MADE IN OCCUPIED JAPAN”とは占領下の日本製という意味で太平洋戦争後、1947年からサンフランシスコ講和条約が発効された1952年まで、日本からの輸出品に表記を義務付けられていた言葉から由来します。MADE IN OCCUPIED JAPANは沖縄生まれのラゲッジブランドです。沖縄は今でこそ南国の楽園のような場所ですが、太平洋戦争時には激しい地上戦が繰り広げられ、空爆や艦砲射撃によって地形が変わるほど無差別に破壊しつくされました。終戦後、米軍の統治下に置かれた沖縄では衣食住すべてが不足していました。しかし彼らはそんな過酷な状況の中でも知恵を絞り、限りある資源で様々なものを生み出しました。戦闘機の残骸を溶かして鍋を作り、大きなガスタンクをくりぬいて船を造り、配給品の小麦粉袋を帆にして漁に出ました。生きるために。私達の製品に使われる米軍放出品のテントや装備品は、極限の使用環境に耐えうる機能や耐久性など、素材としてはとても魅力的なものですが、元々の使用目的や使われていた環境を考えれば負の遺産とも言えます。しかし、あえてこの素材を使い日常生活に溶け込むデザインや機能を与え、かつての彼らのように、本来の目的と異なる日用品に作り変える事で”MADE IN OCCUPIED JAPAN”この言葉を平和へのメッセージに変えて伝えて行きます。

 

D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD   安次富 千佳子