D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

eafa36e3-e962-4ba7-9b5e-99d0d5383719

ARAMAKI展

新巻鮭の箱でつくった製品を一挙公開

北海道では年末の贈り物として新巻鮭を贈ります。鮭を輸送する時に使われる頑丈な木箱は「シャケ箱」と呼ばれ、産地や加工会社の屋号が独特の雰囲気でプリントされています。鮭を運んだら役目を終えていたこの箱のさらなる魅力を発見し、使いこなすべく、恵庭在住の宮大工・村上智彦とギター職人・鹿川慎也が立ち上がりました。二人の手によってバッグやウクレレ、収納へと姿を変えたARAMAKIの「シャケ箱」が展覧会に並びます。販売だけでなく、ライブも開催予定ですのでぜひお越しください。

resize_photo

8d8db4b0-edc3-4e07-8a94-9ad44981f358

村上智彦

1978年、北海道恵庭市生まれ。Gen&Co.代表・大工。札幌市立高等専門学校インダストリアルデザイン学科 建築デザインコース卒業後、1999 年より社寺建築の世界に携わる。 関西を中心に現場に住み込みで各地をまわる。2012 年より拠点を北海道恵庭市に移し、 ともに作ることをテーマに、住宅からお寺、神社まで、 木材を中心としたものづくりを展開中。
http://gencompany.net/aramaki

9b717cac-cfa9-4a60-9b55-738c06e90956

鹿川慎也

1987年、北海道恵庭市出まれ。北広島高校を卒業後、国内ギターメーカーESPが運営する東京の専門学校でギターづくりを学び、卒業後はESPに入社。長野県や新潟県佐渡島の工場で腕を磨く。その後、母校の専門学校で講師としてギターづくりを指導。2015年6月、恵庭に自らの工房 「Sikagawa Musical Instruments」を設立
https://www.shikagawa-mi.com/