D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

shizuoka_20180316_03

【マルニ60】ファブリックとフレームの素敵な関係

2018年3月16日 公開

3月1日からスタートしたマルニ60エキシビジョンも残り会期半月と、いよいよ折り返し地点を迎えました。shizuoka_20180316_01以前よりお伝えしている通り、本フェアではマルニ60×minä perhonenのテキスタイル、「dop」のカラーバリエーションがひとつの目玉となっています。とりわけソファーは大きなお買物ですし、お部屋のイメージをも左右する存在。全34色から、皆さま楽しみながらも長時間悩み抜いてカラーを決定されています。

ところで。ファブリックの印象は、家具を構成するフレーム(木部)との組み合わせによって少々違って見える事をご存知でしょうか。設置する家具を選ぶ時、フレームと床材との相性を気にされる方はとても多いです。マルニ60のソファ、フレームチェアには数種のフレームが存在しますがクッションを組み合わせてみると。。。shizuoka_20180316_02フレームは左からオーク材ナチュラル塗装、オーク材ブラック塗装、ウォルナット材、クッションは同じグレー地のdopです。ナチュラル塗装との組み合わせは明るく柔らかな雰囲気、ブラックはすっきりと、ウォルナットの場合はよりクラシックな印象を受けます。(個人的な見解ですが。)床材や建具からフレームを決めると、張地選びがよりスムーズかもしれません。ぜひご参考に。

マルニ60エキシビジョン in SHIZUOKAは4月1日(日)までの開催です。今週末も皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしています!


D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA  荒木 祐美