D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

img_0457-2

2月イベント情報

2018年1月26日 公開

D&DEPARTMENTでは、ロングライフデザインを伝える勉強会やイベントを開催しています。
2月に富山店で行われるイベント等をご紹介します。

img_%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%9d_%e9%b7%bd
D&DEPARTMENT TOYAMA GALLERY 第19回企画
うしとうそ −とやまの土人形−
会期:2018年1月4日(木)-2月25日(日)10:00〜19:00
現代の土人形の魅力
民芸と関わりの深い「富山」。今でも残る民芸の仕事のひとつに「土人形」があります。かつて、幼い子ども達の遊び道具であった土人形は、時代の変化とともに普段の生活では見ることが少なくなりました。しかし、土の素朴な質感や形、1つ1つ違う手書きの愛らしい表情など、今でも惹き付けられる魅力があります。今回は、グラフィックデザイナーとして第一線で活躍する宮田裕美詠氏によるキュレーションにより、「とやまの土人形」の魅力をご紹介します。幼い頃から土人形に親しんでいたという宮田氏。大人になり再び出会ったその魅力を、デザイナーの視点で見いだし、伝える試みです。伝統の形の中にある今の時代にも響く「とやまの土人形」の魅力を、ぜひご覧下さい。

nvm_1004x669
NIPPON VISION MARKET
佐賀県 森正洋の平形めし茶碗
会期:2月1日(木)-3月9日(金) 10:00〜19:00
平形めし茶碗特集、2年ぶりに開催!
およそ半世紀にわたって日本の暮らしを見つめ、食卓に並ぶ器のデザインを考えつづけた、陶磁器デザイナー森正洋(もりまさひろ)。 確たるポリシーのもとに生み出された彼のデザインは、多くが今も生産されつづけ、ロングライフ製品として愛されています。今回ご紹介する「平形めし茶碗」は、径が広く平たい形が特徴で、蓄積された釉薬のデータを元に300種類以上の色柄が作られました。ご飯だけではなく、煮物やサラダ、スープなど用途は限定しません。盛りつけたときに柄が見え、料理にあわせて使う楽しみ、食べる楽しみに出会えるのも平形めし茶碗ならでは。
今回富山店では約100種類の色柄が店頭に並びます。 是非お気に入りの茶碗を見つけてみてください。