D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

img_5712

KAKI CABINET MAKERの魅力

2018年1月13日 公開

現在富山店で開催中のKAKI CABINET MAKERのスツール
KAKIは富山県の立山の麓、粟巣野で約50年間家具を作り続けており、富山のお店でKAKIの家具を見かけることが多々あります。その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点から選んでまとめた観光ガイド「d design travel」でご紹介している方々の中にも、ファンが多いKAKIの家具。今回は、「d design travel」富山号でご紹介した2組の方々に、KAKIの魅力について伺いました。

SAYS FARM
氷見の丘の上にあるワイナリー&レストラン。自家栽培にこだわったワイン作りや地元氷見の新鮮な食材を活かしたお料理の提供をしています。設計は富山の「五割一分」によるもの。
KAKIのスタッキングチェアーをお店で使用されているということでディレクターの飯田さんにお話を伺いました。

img_5070
①KAKIを知ったきっかけや、KAKIとの出会いを教えてください。
立山連峰の裾野で自然に囲まれながら家具を作っておられるのは、何かの雑誌で見て知っていましたが、弊社代表の釣がKAKIの柿谷清さんと知人だったということもあり、SAYS FARMの立ち上げ準備をしている頃に、初めて工房に伺いました。

②なぜKAKIの家具を選んだのでしょうか。
ワイナリー設立に向けた準備の中、生前、創業者の側で感じたことをお話しします。
ワインは、その土地のテロワール(風土)を表すものと言われ、良い悪いではなく、全ては個性であると捉え表現されます。とは言え、氷見では稲作が盛んであり、ほとんど果樹は栽培されておらず、当然、欧州種系のワイン用葡萄の栽培など皆無でしたので、美味しいワインが出来るか、それ以前に良いぶどうが栽培できるという確証はなかったように思います。氷見は食観光が盛んな街ですが、ゼロからのモノ作りでこの街に新たな活力を与えるものを作りたいという想いだけでした。おそらく、そんな中同じ富山に住む先人であり、粟巣野の森を切り開き、今のKAKI CABINET MAKERを作られた柿谷誠さんを始め3人の兄弟のフロンティアスピリットに、これから作る農園を重ね、その想いを近くに感じていたかったからだと思います。

③KAKIの魅力とは。
いわゆる木組みの椅子の原型のような単純な構造からなり線が太く、素朴で温かな印象を受けます。朝、よく農園のスタッフもみんなで椅子に座り、ミーティングをしますが、農夫が座ると、なぜこの空間には、この椅子なのかが、腑に落ちたような気持ちになります。座る・支える・肘を置く事をシンプルに形にしただけの椅子で、山の上の小屋に昔からあったようにも思えます。五割一分のデザインする洗練と、農園という牧歌的な要素の中間に在るこの空間には、良い意味でデザインされ過ぎていない、この椅子が良いのだと思います。
6年が経ちずいぶんと味が出てきました。これからもお客様と農夫を支えてくれると思います。

img_5670
スタッキングチェアー ¥37,800- (税込)
その名の通りスタッキングできるので、使わないときは重ねて収納も可能。やや背もたれに角度があり、ゆったり座れます。

koffe
富山市の松川沿いにある小さなコーヒー屋さん。静かな店内で店主の山中康次さんが淹れる珈琲と奥様の彩子さんが作るケーキをいただいていると、なぜだか心がほっと落ち着きます。山中夫妻の穏やかな雰囲気も魅力的で、スタッフもよく通うコーヒー屋です。
そんな山中夫妻がご自宅でKAKIのディレクターズチェアーをご自宅で使用されているとのことなので、お話を伺いました。

img_5694
①KAKIを知ったきっかけや、KAKIとの出会いを教えてください。
知り合いを通して紹介していただき、KAKIの柿谷朔郎さんがDMを持ってきてくださったのを覚えています。それからLife is Beautiful(夏の終わりにKAKI工房の庭で開催されていた音楽とスローライフを楽しむイベント)に豆を提供させていただいたり、柿谷さんご家族がコーヒーを飲みにお店に遊びにきてくださったりといった関係が続いています。

②なぜKAKIの家具を選んだのでしょうか。
4年前に『KAKIの家具作り』の出版記念でKAKIさんの家具をうちで展示した時に、ディレクターズチェアーを購入しました。体の収まりがよい点と、外に持ち運びが出来る点が気に入りました。ベランダで使えたらなと思っていたのですが、実際は、富山は雨が多いので外に出られる機会が少なく、家の中で本を読むときに使っています。時々、娘のぬいぐるみが座っていることも(笑)

③KAKIの魅力とは。
暮らしに根ざしたいいものを作る、本物だと思います。初めてKAKIさんを知ったときは、富山にこんな人たちがいたのかと衝撃を受けました。柿谷さん一家全員があたたかみのある感じが魅力的です。その人間のあたたかさが家具にでているように感じます。

img_599
ディレクターズチェアー ¥21,600- (税込)
立山で映画撮影があった際に映画監督から持ち運びが出来る椅子をリクエストされ作成した椅子。背もたれの部分が袋になっており、全てのパーツを折り畳んで収納できます。アウトドアが好きな方にもおすすめ。座り心地ばつぐんです。

富山で暮らす人々に愛されるKAKIの家具たち。
富山店では1月31日(水)までKAKIのスツールを約10種類ご紹介しています。ぜひ店頭でご覧下さい。