D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

22279419_1933547279996682_821458380486407295_n

11月のイベント紹介

2017年11月17日 公開

D&DEPARTMENT では、ロングライフデザインを伝える勉強会やイベントを開催しています。

今後、月に1度その月に東京店で行われるイベントをご紹介してゆきます。
それぞれのイベントのタイトルがイベントページへのリンクになっていますので、
気になるイベントの詳細をご確認いだだけます。

では11月のイベントのご紹介です。

NIPPON VISION MARKET JICON 有田の土と形(佐賀)
nvm2017jicon

会期:10月26日(火)〜11月28 日(火)
日本のいいものを月替わりで紹介しているNIPPON VISION MARKET。「JICON」は佐賀県有田で、今村製陶の今村肇がデザイナー大治将典と肩を組み、2012年から取り組んでいる磁器のブランドです。400年前に朝鮮から有田に招へいされた陶工 李参平(り さんぺい)が、中国や朝鮮から磁器の技法を持ち込んだことで始まった有田焼。JICONはこれまで築き上げられてきた有田焼の技や伝統を踏襲しながらも、これまで誰も取り組むことのなかった、原材料の磁土から見直し、素材感のある「生成りの白」を生み出しました。今回、今村家から特別にお借りした器を作る工程で使用する型や道具、JICONの形の原点である「陶悦窯」の器、独特の磁土などを展示します。また新作の「花彫浅鉢」やペンダントランプなど約60種のプロダクトを販売。今の生活に寄り添い、産地のことを考え抜き、何を変えて何を残すことを選択したのか。素材や工程、デザインの決定に至るまでの展示と販売を通して、陶工とデザイナーが目指す先をご覧いただきます。

 

浅草 釜浅商店に学ぶ
d SCHOOL わかりやすい鉄の良理道具2017_%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84%e9%89%84開催日:11月12日(日)
①11:00-12:30 ②14:00-15:30 ③16:30-18:00 各回定員6名
参加費:2,500円

鉄のフライパンや南部鉄器、中華鍋やご飯炊き釜。鉄の道具は良いと言われているけど、どんなことが良いの?、使いこなすのがむずかしそう、と使い始めの不安はよく聞かれます。しかし、料理をぐっと美味しく仕上げてくれる道具、不安や疑問をこの勉強会で解決していきませんか?講師に釜浅商店の河野 雄太さんを迎え、ガレットやチキンを調理する実践を交えながら、鉄の道具の良さや手入れ方法、保管方法、ほかの素材との違いなどを学んでいきます。

 

【定期開催しているイベント】

釜浅商店のスタッフがやってくる良理道具の日16998952_1634235179927895_1795750893445270046_n11月12日(日)…d SCHOOL わかりやすい鉄の良理道具(詳細は追って公開)
11月18日(土)…包丁研ぎのワークショップ(詳細は追って公開)
11月19日(日)…包丁研ぎの受付と道具の相談会。(1本500円〜承ります)

毎月第2、4日曜日は、東京都合羽橋にある料理道具屋、釜浅商店のスタッフが道具の選び方、使い方、お手入れや修理の道具の相談に乗ってくれます。そのほかにも名入れサービス、実演販売(卵焼き実演)などを開催しています。日程によって内容が異なりますのでご注意下さい。

 

金継ぎの受付-割れた器の修理-tokyo_main151224開催日:11月25日(土)12:00〜19:00
※15分ごとの予約制となります

割れたり欠けてしまった器の修理の相談会です。金継ぎは漆継ぎも呼ばれる日本独自の陶磁器の修理方法。割れたパーツを漆でつなぎ、あえて金粉や銀粉を蒔いて化粧をすることで、その修理跡も器の新しい模様として捉えるという日本独特の美意識から生まれたものです。現代では様々な接着剤を使用した方法も見られます。D&DEPARTMENTでは改めて食器として使えるよう、漆を使用する本来のやり方での修理を承りますが、状況に応じて化学接着剤の使用も可能です。また、にガラスの修理もご相談いただけます。詳細はイベントページをご確認下さい。
2ヶ月に一度の定期開催です。

 

東京野菜を食べる会 第3回
仲間を楽しむ アブラナ科大集合
%e3%82%a2%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%8a%e7%a7%91
開催日:11月24日(金) 19:00~
参加費:3500円(着席形式/5品コース仕立てのお料理とお土産付き)
定 員:20名 ※店頭またはお電話にてご予約下さい

東京野菜を食べる会では、実際に生産者の方にお越し頂き、野菜の説明・自身のバックグラウンド・生産についてなど、普段聞けないことをお話し頂いたり、他生産地との鮮度の違いを食べ比べ、実際お野菜を調理しコース仕立てで生産者の方々とご一緒にお召し上がり頂き、レシピ付きのお土産をお持ち帰り頂ける、聞いて、見て、食べて。盛りだくさんの会。今回の食べる会の食材は「アブラナ科」東京の秋作はアブラナ科の宝庫。アブラナ科野菜というと、キャベツ・白菜・ブロッコリー・カリフラワー・小松菜・大根、実は私たちが身近に食している野菜が多いのをご存知でしょうか。ただ「科」を意識して購入している方は少ないのではないかと思います。まさにこれから旬を迎えるものばかりの、形も味も異なる野菜のアブラナ科。今回も生産者の方をお呼びし、アブラナ科野菜について学び・知り、様々なアブラナ科野菜を食して頂ける会です。


d MARKET-東京野菜の直売会
img_7313-e1469182908846ダイニングでいつも使っている地元東京野菜で採れた旬の野菜をご自宅でも使っていただけるように直売会を開催しています。朝収穫したばかりの季節の野菜や果物が並びます。ランチタイムには東京野菜のサラダプレートもご用意しています。過去に開催した際のブログはこちら。毎月第3日曜日に開催しています。

 

今後のイベントは順次、店舗情報FacebookTwitterにてお知らせします。
日替わりのランチや季節のメニュー、ショップでは商品の紹介の投稿もありますのでぜひご覧ください。みなさまのご来店をお待ちしております。


D&DEPARTMENT TOKYO ショップスタッフ  齊藤 なつ季