D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

r0038304-e1509863969852

宮田織物に習う

「わた入れはんてん」づくりワークショップ

主催:D&DEPARTMENT FUKUOKA

協力:宮田織物株式会社

お問い合わせ:092-432-3342(福岡店)

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

宮田織物の職人に習って、はんてんの綿入れと手とじの体験をして頂きます。ワークショップでみなさまがつくった「はんてん」は職人の手によって仕上げられ、年内にお届けいたします。また作業の体験だけではなく、宮田織物のものづくりの様子もお話しいただきます。実際に作業することで見えてくる宮田織物のはんてんの「あたたかさのひみつ」を覗いてみませんか?

お申し込み方法と注意事項

①はんてんの生地は各色2名までの受付となります。受付順に優先させていただきます。
②裏地は全て紺色となります。
③はんてんは当日お持ち帰りいただくことはできません。後日郵送とさせていただきます。

ご予約は、お電話・店頭・メールにて
メール:shop_fukuoka★d-department.jp
    「★」の記号を「@」に置き換えてください。
お申込みの際は、件名は「はんてん」づくりワークショップにて、
お名前/電話番号/ご希望の回/参加人数/ご希望の生地の色 第二希望まで (黒/白・グリーン・黒/赤のいずれか)をお伝え下さい。

《ご予約状況 ※10/27現在》

・午前の部(11時〜)→満席
・午後の部(15時〜)→お席残り1名

・黒/白  → 残り1名
・グリーン →終了
・黒/赤 →終了

r0037359

形は宮田織物さんオリジナルの「白根はんてん」

今回のワークショップで作成するはんてんの形は、宮田織物さんオリジナルの「白根はんてん」となります。従来のはんてんは着物の上から羽織ったりしていたため、袖幅や身幅が大きいものが多かったところ、現代の洋装にあわせてコンパクトでスリムな形に見直したシリーズです。

%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%a6%e3%82%93%e7%94%9f%e5%9c%b0%e8%a6%8b%e6%9c%ac

選べる生地は3色

はんてんの生地は宮田織物が「なでしこ奴」で使用している刺し子柄の生地3色(画像左から:黒/白・グリーン・黒/赤)から選べます。※生地の色のイメージはこちらもご確認ください。※カラシ色・パープル色は選べません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-08-25-17-47-16-300x275

オリジナルのネームタグが付きます。

宮田織物とD&DEPARTMENTのWネームタグが付きます。

こんな体験ができます。

r0037886

① 宮田織物さんによるものづくりのお話

宮田織物は袢天の生地織りからデザイン、縫製までを全て自社で一貫して行なっています。衣料品の製造でここまで自社で一貫して行うのはとてもめずらしいこと。そこから見えてくる宮田織物のものづくりへのこだわりを、吉開ひとみ社長からおはなしいただきます。

r0037911

②「いちにいさん。」わた入れ体験

二人一組で一枚一枚ていねいな手作業。声は出さずとも絶妙なコンビネーションで、リズミカルにはんてんにわたをいれていきます。手作業だからこそ背中や裾などのすみずみまでわたを丁寧に入れることができます。

r00379362

③一針一針、手とじ体験

宮田織物のはんてんは全て一針一針手とじだから、ふんわりとした温もりの伝わる仕上がりになります。とじはもっとも大変な作業。着心地を良くするため、縫う箇所で縫い目の間隔も変えています。

%e5%ae%ae%e7%94%b0%e7%b9%94%e7%89%a9%e3%83%ad%e3%82%b4big

宮田織物株式会社

大正二年、久留米絣の里の筑後市で産声を上げた宮田織物は、平成二十五年四月、創業百周年を迎えました。久留米絣から綿入れ袢天、そして婦人服と、時代により作るものは変わりましたが、ものづくりへの真摯な思いは変わりません。
宮田織物ホームページ