D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

10月イベント情報

2017年10月3日 公開

D&DEPARTMENTでは、ロングライフデザインを伝える勉強会やイベントを開催しています。10月に富山店で行われるイベント等をご紹介します。

dd-tg_vol-16-2
D&DEPARTMENT TOYAMA GALLERY 第16回企画
「富山県美術館の目印と矢印」
会期:2017年08月26日(土)-10月22日(日) 10:00〜19:00
さりげなく、人を導く目印と矢印
8月26日(土)に新たに開館した「富山県美術館」における「サインデザイン(=目印・矢印)」を、8月からギャラリー展示しています。アートとデザインをつなぐことをテーマにした「富山県美術館」は、館内にも様々なデザインによる工夫が施されています。わかりやすく、しかも空間の雰囲気にマッチした優れたサインデザインは、私たち一般の来場者にとっては、特別気に留めてみる機会は少ないかもしれません。しかし、一度、デザインに込められた意図や工夫を知れば、建物全体に仕掛けられた多くの配慮に気がつきます。
今回は、展覧会の企画・構成に「富山県美術館」のサインデザインを担当された色部義昭氏(サイン監修:日本デザインセンター永井一正氏)をお招きし、館内で実際に見られる目印・矢印が完成するまでの試行錯誤の過程を通して、サインデザインの考え方や視点をご紹介します。本展覧会が、「富山県美術館」が目指すアートとデザインを繋ぐ取り組みをより深く知って頂く機会になれば幸いです。

【関連イベント】
色部義昭 × ナガオカケンメイ
d TALK 14 「目印と矢印のデザイン」
日 時:2017年10月14日(土) 19:30〜21:30(開場 19:15)
※1ドリンク、軽食付
参加費:2,000円
定 員:50名
※お申し込みはHPイベントページから

20161029_musica_1004x669_edited-1
「大阪 MUSICA TEAの紅茶」
会期:2017年9月25日(月)-10月9日(月) 10:00〜19:00(※最終日は17:00まで)
MUSICA TEAの歴史は、1952年、大阪の堂島にて音楽喫茶「Tea Saloon MUSICA」から始まりました。まだ、日本に紅茶文化が浸透する前、スペシャリティーティーをティーポットで入れて提供したのもMUSICA TEAが始まりです。産地ごとに味わいの違う茶葉を吟味して作られたMUSICA TEAの紅茶は、ストレートはもちろん、ミルクティーにすれば一段と違った味わい。新しい茶葉に出会う度に、紅茶の奥深さに驚かされ、飲むシチュエーションや気分に合わせて、違った紅茶を選びたくなります。
現在は兵庫県芦屋に場所を移し、2代目の堀江勇真さんが切り盛りするMUSICA TEA。今年65周年目という記念の年であり、紅茶の産地・スリランカの茶業も150周年。そんな紅茶の歴史の節目に合わせて開催する、堀江さんセレクトによる紅茶特集。「スリランカの紅茶」が2週間限定で、約20種類揃います。

【関連イベント】
%e7%b4%85%e8%8c%b6%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3_convert_20170901145524-300x200
d SCHOOL
「わかりやすい紅茶 -紅茶からみる「光り輝く島」スリランカのはなし-」
スリランカの紅茶について、Musica TEAの堀江勇真さんに教えて頂きます。茶園ごとに違う7種類の紅茶の飲み比べや、スリランカのミルクティー「キリテ」の実演など、本格的な紅茶の魅力を味わう勉強会です。スリランカからの贈り物、奥深い紅茶の世界へと踏み込んでいきましょう!
日時:10月7日(土)19:00〜21:00(開場18:45)
参加費:3,500円(紅茶7種の試飲・軽食付)
協力:musica TEA、アナザホリデー
※お申し込みはHPイベントページから

nvm-3
NIPPON VISION MARKET「愛媛 IKEUCHI ORGANICのタオル」
日 時:2017年09月11日(月)-10月09日(月)10:00〜19:00(※最終日は17:00まで)
1953年、愛媛県今治市で創業したIKEUCHI ORGANIC。
良質なタオルの産地として知られる今治を牽引してきたIKEUCHI ORGANICが作るタオルは、吸水性はもちろん、何度洗っても柔らか。原料である綿は、栽培から紡績、織りに至るまで徹底した配慮がなされたオーガニックコットンが使われ、赤ちゃんが口に含んでも安全です。IKEUCHI ORGANICのこだわりは、100%風力発電を使うところまで貫かれています。
今回は、そんなIKEUCHI ORGANICが作るタオルの中から、「やわらか」「吸水性」「長持ち」「軽い」のそれぞれ違った特徴を持つタオルを選び、ご紹介します。また、「タオルは農作物」というIKEUCHI ORGANICの考えを形にした、その年に収穫されたコットンだけで織られた「コットンヌーボー」シリーズもご紹介。触り心地はもちろん、使い方に合わせてお好みのタオルを探しにきて下さい。

event_hadachu2
NIPPON VISION MARKET「山梨 羽田忠織物のネクタイ」
会期:2017年10月10日(火)-11月13日(月) 10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
参加費:無料
1935年創業の羽田忠織物は、江戸時代より絹織物産地として知られる山梨県富士吉田市にあります。傘や風呂敷の布地を織るメーカーとして創業し、現在は主にシルクネクタイを製造しています。ジャガード織りを中心に、独自の生地を生み出しており、国内で唯一、紗織りのネクタイを作っています。紗織りとはヨコ糸とタテ糸に隙間をあけて織られた生地のこと。薄く透き通った生地は、軽く通気性に優れるだけでなく、独特なマットな光沢に仕上がります。無地のネクタイも見る角度によって表情を変える、他にないデザインです。シルクネクタイと聞くとフォーマルなイメージがありますが、光沢を抑えたカジュアルにお使いいただけるネクタイ、蝶ネクタイ、ポケットチーフをご紹介します。