D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

shizuoka_160606_nvmmain_webd

NIPPON VISION MARKET

サイトーウッドのものづくり

主催:D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA

協力:株式会社サイトーウッド

お問い合わせ:静岡店(054-238-6678)

事前申し込み不要

単板と呼ばれる薄い板を、何層にも重ね圧着し自由な形をつくる成形合板。1950年に齊藤木工所として創業した「サイトーウッド」はこの技術を活かし、時代に合わせて生活に必要なものづくりを行ってきました。サイトーウッドが生み出す製品は、生活のなかで大きく主張せず控えめですが、すっきりと美しく、生活を引き立たせてくれる存在といえます。その様が、なんとも静岡らしいプロダクトだと感じずにはいられません。
50年以上ロングセラーを続けるダストボックスをはじめ、三代目である齊藤拓也さんが新たに作り出しているプロダクトなど、サイトーウッドのものづくりを紹介します。

saitowoodlogo

サイトーウッド

1950年創業。創業当時は、家具や建具、野球のバットなどの木製品を手がける。高度経済成長に突入すると輸出に力を入れ、成型合板の技術でダストボックス、アイスペール、トレー等のインテリア用品の製造を開始。この時生まれたダストボックスは、その後50年続くロングセラーとなる。 国内のホテル、旅館、レストランなどからも支持を受け、1966年に日本向けの販売会社として「株式会社サイトーウッド」を設立。 現在は国内市場を中心に活躍している。