D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

nvm_template160830

NIPPON VISION MARKET

福岡 うなぎの寝床「久留米絣の現代風もんぺ」

主催:D&DEPARTMENT TOYAMA
お問い合わせ:076-471-7791

うなぎの寝床が提案する「日本のジーンズ」

福岡県八女市を拠点に「九州・筑後のものづくり」を発信するアンテナショップ「うなぎの寝床」が提案する「現代風もんぺ」の特集を行います。

元々アメリカの炭坑夫のワークパンツだったジーンズは日常着として広まりました。同様に、日本の作業着であるもんぺも日常着として親しまれるのではないかと考え、「うなぎの寝床」が作ったのが「現代風もんぺ」です。

普段富山店にて定番でお取り扱いしている「現代風もんぺ」ですが、今回は2週間限定で、アイテムを増やしてご紹介します。普段取扱いのない「現代風セレクトもんぺ」等、様々な色柄のもんぺが約45種類揃います。一点ものもありますのでお早めに。ぜひお気に入りの柄を見つけにきてください。

img_4682

久留米絣の魅力

久留米絣は約200年前に福岡県南部の久留米で考案されました。先染めした糸を使用して織られているのが特徴。経糸と緯糸の組み合わせにより様々な色柄の文様を作り出すことができます。
織るときに生じるズレにより、くっきりとした輪郭のある文様ではなく、にじんだような独特な文様になるのは久留米絣ならでは。同じ文様でもそれぞれ微妙に形が違っているのも味わい深いです。プリントでは出せない素朴な風合いをお楽しみください。

img_0376

現代風セレクトもんぺ

「現代風セレクトもんぺ」はうなぎの寝床が久留米絣の織元へ行き、セレクトした生地で作られたもんぺです。その時だけの生地で作る限定商品です。写真は一例です。現代風の可愛らしくポップな柄から古典的な渋い柄まで。いろいろ試着してみてください。

img_4671

細身の理由

地元の方から「家に久留米絣の着物がたくさんあるので、その布を使ってもんぺを作りたい」と相談を受けた「うなぎの寝床」は、着物の布幅で効率よく作れるようにとオリジナルの型紙を設計。その結果、昔ながらのもんぺとは違い、脚が細くすっきりとした形になりました。

unagi

うなぎの寝床

福岡県八女市を拠点に「九州・筑後のものづくり」を発信するアンテナショップ。地元の魅力的な物を、作り手のことや、使ってみた実感を伝えながら展示・販売。修理対応ができるように、商品の仕入れは「車で1日で行ける範囲」の場所で行う。

%e3%82%82%e3%82%93%e3%81%ba%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

8月17日(木) 〜9月19日(火) D&DEPARTMENT FUKUOKAにて開催

福岡店でも約一ヶ月間の期間限定で約120種類の「現代風セレクトもんぺ」が並びます。
福岡に行かれた際には是非お立ち寄りください。

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前1-28-8 2F
092-432-3342

営業時間:
ショップ /11:00~20:00
ダイニング/11:00〜20:00(19:00 L. O. )
定休日:水曜日

店舗情報はこちら