D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

web_main

KOREA VISION MARKET

眼鏡デザイナー・キムジョンピル

主催:D&DEPARTMENT SEOUL by MILLIMETER MILLIGRAM
お問い合わせ:ソウル店(+82-2-795-1520)

ここ数年、韓国の眼鏡ブランドが国内外で注目を集め、眼鏡がファッションアイテムとして位置づけられながら、韓国の眼鏡産業や眼鏡デザイナーという職業が脚光を浴びています。キムジョンピルさんは、今のようにファッションアイテムとしての眼鏡の需要が多くなかった1996年から、眼鏡一筋、ずっと眼鏡と向き合っている眼鏡デザイナーです。
キムさんは、「物事の基本や長く続いてきたものを研究し、そこに新しいアイディアを適用して調和させる」というデザイン哲学をもとに、20年近く、様々なデザインでクリエイティブ経歴を積んできました。 特に工業製品がほとんどだった韓国眼鏡市場に手作りのフレームの眼鏡を披露し、製品の多様化に寄与しています。また、今後は眼鏡デザインのカリキュラムを作って眼鏡デザイナーの教育と養成に貢献したいという話す、韓国の眼鏡産業をリードしているキーマンです。
今回ソウル店のKOREA VISION MARKETでは、韓国眼鏡デザイナーのパイオニアであるキムジョンピルさんの手工芸眼鏡「スジャクジョン(’手作り’という意味)」と、簡潔なデザインとカンファタブルな機能を備えたスタンダードな眼鏡「Code B」を展示販売し、キムさんが眼鏡を製作する過程を覗けるような展示台を設けます。
眼鏡は、一般的な他の商品とは違い、人がかけることで初めてデザインが完成されます。韓国の眼鏡業界でロングライフに活動するキムさんの、かけ心地が良くそれでいて個性溢れる眼鏡に出会い、自分をデザインしてみませんか?

%e3%81%8b%e3%81%8a

Kim JongPil(キムジョンピル)

眼鏡のデザイン及び企画会社「デザインシャワー」代表取締役。金属工芸デザイン専攻。1996年、大学時代、眼鏡デザイン公募展で入賞したことをきっかけに眼鏡デザインを開始。韓国の眼鏡デザインの先駆者であり、現職眼鏡デザイナー。現在は国内眼鏡ブランド2社のデザインディレクターを務める。
「眼鏡は顔だ。 かけ心地の良さはデザインの始まり。 眼鏡は個人の特徴や性格までを表してくれなければならない。」眼鏡を通して小さな幸福感を感じることができるようにすることが彼のデザイン哲学だ。