D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

f90fb904-670f-4d7e-8de4-e0755bbbc757-e1496658218690

7月のイベント情報

2017年7月1日 公開

D&DEPARTMENT では、ロングライフデザインを伝える勉強会やイベントを開催しています。今後、月に1度その月に東京店で行われるイベントをご紹介してゆきます。それぞれのイベントのタイトルがイベントページへのリンクになっていますので、気になるイベントの詳細をご確認いだだけます。

では7月のイベントのご紹介です。

【SHOP】

NIPPON VISION MARKET 戸田屋商店の梨園染め手ぬぐいnvm

会期:6月8日(木)〜7月4 日(火)
日本のいいものを月替わりで紹介しているNIPPON VISION MARKET。
江戸時代に広く普及した「手ぬぐい」。庶民の生活に根付き、様々な視点で切り取られた日常が個性豊かな柄となり、東京下町の職人たちによる注染技術とともに日本の文化として続いています。今回特集するのは、明治5年に創業した戸田屋商店の梨園染の手ぬぐいです。江戸時代に生まれた古典文様を中心にデザインされた柄は数百種類。その全てがオリジナルです。基本の「拭う」のほかにも「包む」「巻く」と生活の様々な場面で活躍する手ぬぐい。145年以上続く戸田屋商店の梨園染の手ぬぐいを、ぜひこの機会にご覧ください。

 

NIPPON VISION MARKET 沖縄のやちむん
11425175_1067191123298973_7556399976108898527_n

会期:7月6日(木)〜8月8 日(火)
やちむんは沖縄の言葉で焼き物をさします。読谷山北窯をはじめ、それぞれ作家さんごとに特徴のあるやちむんをご紹介します。たくさんご覧いただけるのは会期の始めがおすすめです。ご来店お待ちしております。

 

【定期開催しているイベント】

金継ぎの受付-割れた器の修理-

tokyo_main151224

開催日:7月29日(土)12:00〜17:00
※要予約 定員に達しましたので受付を締め切りました。

割れたり欠けてしまった器の修理の相談会です。金継ぎは漆継ぎとも呼ばれる日本独自の陶磁器の修理方法。割れたパーツを漆でつなぎ、あえて金粉や銀粉を蒔いて化粧をすることで、その修理跡も器の新しい模様として捉えるという日本独特の美意識から生まれたものです。現代では様々な接着剤を使用した方法も見られます。D&DEPARTMENTでは改めて食器として使えるよう、漆を使用する本来のやり方での修理を承りますが、状況に応じて化学接着剤の使用も可能です。また、にガラスの修理もご相談いただけます。詳細はイベントページをご確認下さい。
2ヶ月に一度の定期開催です。

 

釜浅商店のスタッフがやってくる良理道具の日

16998952_1634235179927895_1795750893445270046_n

7月9日(日)…道具の相談会。
7月23日(日)…包丁研ぎの受付と道具の相談会。(1本500円〜承ります)
8月13日(日)…道具の相談会。
8月27日(日)…包丁研ぎの受付と道具の相談会。(1本500円〜承ります)

毎月第2、4日曜日は、東京都合羽橋にある料理道具屋、釜浅商店のスタッフが道具の選び方、使い方、お手入れや修理の道具の相談に乗ってくれます。そのほかにも名入れサービス、実演販売(卵焼き実演)などを開催しています。日程によって内容が異なりますのでご注意下さい。

 

【DINING】

d MARKET-東京野菜の直売会

img_7313-e1469182908846

ダイニングでいつも使っている地元東京野菜で採れた旬の野菜をご自宅でも使っていただけるように直売会を開催しています。朝収穫したばかりの季節の野菜や果物が並びます。
ランチタイムには東京野菜のサラダプレートもご用意しています。
昨年5月に開催した際のブログはこちら
毎月第3日曜日に開催しています。

 

今後のイベントは順次、店舗情報FacebookTwitterにてお知らせします。
日替わりのランチや季節のメニュー、ショップでは商品の紹介の投稿もありますのでぜひご覧ください。

みなさまのご来店をお待ちしております。


D&DEPARTMENT TOKYO ショップスタッフ  齊藤 なつ季