D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

ohnoya

d SCHOOL 大野屋に学ぶ木型の和菓子 -夏の会-

【お申し込み方法】
・D&DEPARTMENT TOYAMA 店頭
・お電話(076-471-7791)
・WEB

①14:30〜16:00
②16:30〜18:00

主催:D&DEPARTMENT TOYAMA
お問い合わせ:富山店(076-471-7791)

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

富山県高岡市の山町筋にある、創業天保9年の老舗の和菓子屋「大野屋」。
代々使用してきた1000種類もの和菓子用の木型が今でも残されており、その木型を使用して四季折々のお菓子を作り続けています。

そんな伝統的な木型と技術を用いて、若い方々にも和菓子に親しんでほしいという思いから生まれたのが「高岡ラムネ」。
手作業ならではの繊細なラムネの美しさとやわらかい口どけが特徴的です。

今回のd SCHOOLでは大野屋の大野悠さんと職人の尾山祥恵さんを講師としてお迎えし「高岡ラムネ」が出来るまでのお話を聞きながら木型でのラムネ作りを体験していただきます。
ラムネを乾燥させるのに時間がかかるので、その間木型を使った生菓子の実演を見ながら生菓子をみんなでいただきましょう。
夏を感じられる紫陽花の木型を使った生菓子をご用意いたします。

お子様連れも大歓迎ですので、是非親子でご参加ください。

ohnoyu

講師:大野悠

大野屋の長女として生まれる。
金沢美術工芸大学を卒業した後、アパレルの道へと進む。
仕事の傍ら、家業の手伝い(デザインや商品企画等)をする。
現在は家業に専念し、商品企画や営業等の仕事に携わっている。
2012年に発売した「高岡ラムネ」を手がけた。

image_oyama

和菓子職人:尾山祥恵

高校の調理科を卒業後、和菓子職人として大野屋に入社。
勤続4年となる大野屋の若手ホープ。
女性ならではの感性を生かし、繊細な上生菓子作りにも挑戦している。