D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

030

FROM FARM

2017年3月3日 公開

情熱と人柄が育む、和歌山の美味しさ 
「農業の可能性と楽しみはまだまだある」。家業の農業を継いだ大谷幸司さんは、農作物を通して農家の現状や素晴らしさを伝えたいと、FROM FARMを始めた。まず着目したのが山椒だった。みかんの町、和歌山は山椒の生産も日本一。香ると爽やかな柑橘の香りが広がる「ぶどう山椒」と出会い、感銘を受け、情熱が行動となり、人と繫がり、形が生まれる。山椒や和歌山の果物を使ったグラノーラやドライフルーツなど、大谷さんの情熱が美味しさを生み続けている。(木本好美/proyect g oficina)

本文の内容は、『d design travel SAITAMA』掲載時(2017年)のものです。