D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

Exif_JPEG_PICTURE

無農薬で育つ、新川製茶の「うきはの山茶」

2017年1月16日 公開

今年の冬はあまり寒くないなー、なんて思っていたら、先週から大寒波がやって来ましたね。

私は生まれも育ちも福岡なので、寒さにはめっぽう弱い。冬の朝はなかなか布団から出られず、お休みの日も家で過ごすことが多いです。ついつい家にこもっちゃう寒い日は、温かい日本茶とみかんで一息つくのが我が家の定番。

そんな休日のくつろぎタイムにおすすめの福岡のお茶、「うきはの山茶」をご紹介します。

fullsizeoutput_ab7 
うきはの山茶の産地は、その名の通り福岡県うきは市。自然豊かな山中で、新川製茶のみなさんが育てています。

では「山茶」とは?

fullsizeoutput_ac0 
昨年の夏、茶園を案内してくださった樋口勇八郎さんは新川製茶の3代目。昔は一般的な農薬を使って栽培していたけれど、ご両親が体調を崩されたのをきっかけに無農薬栽培に方向転換しました。始めた当時は、無農薬でお茶をつくるなんて無理だよ、と変わり者扱いされたのだとか。

今まで農薬に頼っていた畑はあっというまに害虫の被害に。茶摘みの時期になっても最初は赤い茶葉しか取れず、安い価格で販売せざるを得なかったそうです。それでも、除草剤をやめ機械に頼らず手作業で草むしりをし、土づくりから見直すうちに、だんだんとお茶の木が答えてくれるように。

現在は「ボカシ肥料」という、有機質の肥料に微生物を入れて発酵させ善玉菌を増やした肥料を使用しています。これにより、甘みも旨味もぐっと増すのだとか。

fullsizeoutput_ab1 
このように、農薬や化学肥料を一切使わずに育った新川製茶のお茶。もともと自生している、山に自然に生えるお茶のことを「山茶」と呼びます。これはまさに作っているお茶と同じだ、というのが「うきはの山茶」の名前の所以。「野焼きの後に最初に芽を出すのはお茶の木なんです。」と樋口さん。それだけもともと生命力に溢れた木なんですね。

そんなうきはの山茶、福岡店では5種類お取り扱いしています。

image001 
写真左から順に、
有機白折 有機和紅茶 有機焙じ茶 有機玄米茶 有機煎茶

日本茶だけでなく紅茶も作っているの?と私も最初はびっくりした有機和紅茶。実は、摘み取った茶葉を保管中に発酵させてしまったことがきっかけで生まれました。手をかけて育てた茶葉を無駄にはできない、という樋口さんの強い思いが伝わります。やさしい香りとほのかな甘みにほっとする一杯です。

そして日本茶4種は、山からの湧き水を利用し、深蒸し製法で丁寧に仕上げられています。すっきりと爽やかな香りの白折。カフェインが少なく寝る前に飲むのもおすすめな焙じ茶。香ばしく炒った玄米の風味が香る玄米茶。まろやかで濃厚なコクが格別な煎茶。

このこだわりのお茶をより美味しく飲んでもらうために、袋の裏にはお茶の種類ごとに淹れ方が書かれています。今回は私のお気に入り、有機白折の淹れ方をご紹介。

fullsizeoutput_abb 
白折とは、一番摘みの煎茶をつくる工程で選別された茎の部分を使ったお茶のこと。煎茶とは違った爽やかな香りとすっきりとした味が好きなんです。

fullsizeoutput_abc 
1. 茶器をあらかじめ温めておく
急須や湯呑が冷たいままだと、お茶が冷めてしまいます。かならず温めてから。

fullsizeoutput_abd 
2. 茶葉3gと80℃のお湯130mlをいれ、60秒蒸らす
ティースプーン1杯が約3gです。お湯の量と温度を毎回計るわけにはいかないので、私が自宅でやっている方法は、食器棚から取り出したままの湯呑に沸騰したお湯を1杯分注いで、湯呑から急須にお湯を移す。これで温度はだいだい80℃になり、量も湯のみ1杯分なのでちょうどいいんです。さらに湯呑も温められるので一石二鳥!

fullsizeoutput_abe 
3. 湯呑に注ぎ淹れ、最後の一滴まで注ぎきる
この最後の一滴が肝心。ここにお茶の旨味が凝縮されています。

注ぎきった後、急須の蓋を外しておくと茶葉が蒸され過ぎず、二煎目も美味しく淹れられます。私は一煎目より高めの温度でさっと淹れるのが好みです。すこーし渋みが出て、気分がすっきりします。

新川製茶の茶葉は、通常のお茶よりも長い時間をかけて丁寧に蒸しています。そのため茶葉はやや粉っぽくなりますが、緑茶の独特な渋みを抑え、濃厚なコクが引き出されるのです。お茶ってこんなに甘かった?ときっと驚かされるはず。

寒い冬の日は、福岡の「うきはの山茶」でほっと一息つきませんか?
 
 
D&DEPARTMENT FUKUOKA 原かなた

 


新川製茶 うきはの山茶
有機白折   35g ¥648
有機和紅茶  30g ¥540
有機焙じ茶  30g ¥540
有機玄米茶  40g ¥540
有機煎茶   50g ¥1,296  ※全て税込価格