D&Department

D&DEPARTMENT ネットショップへ

aizome-2

d&RE WEARの申し込み方

2017年4月13日 公開

1月3日より店頭で受付を開始しているd&RE WEAR「2017 AIZOME」。福岡店でも毎シーズンたくさんの方にご利用いただいております。そこで、今回はまだ利用したことがないという方へ向けて、申し込み方をご紹介させていただきます。

まず、「d&RE WEAR」とは、シミや色あせなどで着られなくなってしまったお気に入りの服を染め直して、再び定番のアイテムとして蘇らせるD&DEPARTMENTが2014年からスタートさせたプロジェクトです。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%ad2

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%ad%e8%89%b2%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%ad31

※前シーズンのサンプル、左が染める前で右が染めた後です。

春夏と秋冬の2シーズンごとに染められるカラーは変わっていきます。普段は化学染料染めでの受付ですが、今回は特別企画として植物染料である「藍染」で受付中です。お客様より預かった服は、約160年間に渡って藍染めの技術と文化を継承している埼玉県の「武州中島紺屋」さんに染めてもらいます。

___________________________

それでは申し込み方を順を追って見ていきましょう!

ステップ1、染めたい服を決める
シャツ、パンツ、ジャケットなど様々なアイテムを染めることができますが、注意してほしいのが服の素材です。染まる素材は綿、麻、シルク、レーヨンに限り、ポリエステルなどの化学繊維は染まりません。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは綿35%、ポリエステル65%の素材の服を藍染したものです。ポリエステルに染料が入らなかったため薄い染め上がりになっていますが、あえてこのような色味を狙うのも面白いと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

だいたいの服にはこのような品質表示が付いています。服を店頭までお持ちいただく前には是非こちらを確認して素材が化学繊維でないことをお確かめください。

12998704_1033313600056161_8169477641916280594_n13043292_1033313663389488_8191197853315952431_n過去には「化学繊維は染まらない」という特性を活かして、面白い染め上がりの服を作る上級者も!この服は赤に染めたのですが、レース部分以外は化学繊維となっており、その結果、2トーンの服に生まれ変わりました。こういった遊び方をするのも良いかと思います!

Exif_JPEG_PICTURE

ステップ2、服にダメージがないことを確認する
服に穴があったり、生地が薄くなっている箇所があると、染める際にさらにダメージが大きくなる場合があります。服をお出しする前に確認をお願いします。

Exif_JPEG_PICTUREステップ3、ボタンを外す
服を染める際にボタンが外れてなくなったり、破損してしまう場合がありますので、ボタンはなるべく事前に取っておいてください。なくなっても構わないという方はそのままお受けすることも可能です。

r0029447

ステップ4、服を店頭まで持ち込む
ここまで確認できたら染めたい服を持って店頭までお越しください。受付はショップのレジで行なっています。スタッフにd&RE WEARの申し込みに来たことを伝えていただければすぐに対応させていただきます。料金はお持ち込みの際にお支払いいただきます。料金表は以下の通りです。

d&RE WEAR「2017 AIZOME」料金表
・半袖、長袖シャツ ¥6,480(税込)
・スカート、パンツ ¥7,020(税込)
・ワンピース     ¥7,560(税込)
・ジャケット    ¥8,640(税込)
・コート      ¥9,720(税込)

※藍染めの料金とシーズンごとの料金は異なります。

料金を支払い、持ち込んだ服を預けたら申し込みは完了!

Exif_JPEG_PICTURE

ステップ5、染め上がった服を受け取る
服が染め上がったら、ホームページ、Facebookなどで受取開始の告知をしますので、それを確認し店頭までお越しください。(今回の染め上がり時期は4月下旬くらいを予定しています。)染め上がりの告知は個別には行っておりませんのでご注意ください。メールニュースへのご登録をおすすめしております。

染め直す前の服の写真が付いてくるのも、ビフォー・アフターが思い出せて嬉しいです。

Exif_JPEG_PICTUREまた、染め上がった服にはこのように管理番号を刺繍させていただいております。この刺繍は便宜上縫わせていただいているものなのですが、服のアクセントになるので多くのお客様からとても好評です!(刺繍の位置は指定できません。)もちろん簡単な刺繍ですのでご不要でしたらご自身で取ることもできます。

_________________________

昔気に入っていた服を預けて、生まれ変わって手元に戻ってくる瞬間はドキドキして、また着られると思うととても感動します。今期の受付締め切りは2月12日(日)、是非この機会に自分のお気に入りの服を染めて直して再生させてみませんか!?

※藍染の受付は終了いたしました。

【d&REWEAR 2017 AUTUMN WINTER 受付中!】
シミや色あせなどで着られなくなってしまったお気に入りの服を、再び定番のアイテムとして蘇らせるプロジェクト「d&RE WEAR」。今期分、現在店頭で受付中です!今回は定番の黒と紺以外に「マスタードイエロー」に染めることができます。染めたい服をお持ちの方は、以下の注意事項をよく読んで店頭までお持ちください!
____________________
d&RE WEAR
《受付期間》
2017年8月24日(木)〜9月24日(日)
《染め直し色》
黒、紺、マスタードイエロー

《お渡し期間》
2017年12月上旬
《料金》
・半袖、長袖シャツ ¥3,500
・スカート、パンツ ¥3,900
・ワンピース     ¥4,200
・ジャケット    ¥5,000
・コート      ¥6,000
※全て税抜き価格

D&DEPARTMENT FUKUOKA 松井 俊太郎